ORIZUME - オリズメ

4226.報道比較2020.9.3

4226.報道比較2020.9.3 はコメントを受け付けていません

いよいよ、アメリカも。日本がコケないのを見て政府債務を傍聴させるようだ。

Wall Street Journal
米政府債務、21年度は戦後初のGDP超えへ コロナで支出急増 (2020.9.3)

いよいよ、アメリカも。日本がコケないのを見て政府債務を傍聴させるようだ。インフレが現実的でないうちは、国家債務には鈍感でいられる。MMTも前提はインフレにならないこと。インフレのコントロールは中央銀行ができるという自信。過去のインフレの悪夢を知る人たちは、違和感を露にする。私はインフレの悪夢は知らないが、経済学というものが、いつも平然と論理を覆してきた過去を見るなら、過度な期待は禁物だと遠目に見ている。いつでも逃げられる姿勢でマーケットに参加するのが良さそうだ。

Wall Street Journal
香港を脱出する「ボートピープル」 (2020.9.2)

以前より語気を弱めた印象のWall Street Journal。中国への反抗を弱める理由があるのだろうか?中国の姿勢がエスカレートしているだけに心配だ。ジャーナリズムが勇気を失うのは危険だ。

朝日新聞・社説
菅氏正式表明 総括なき継承許されぬ

安倍外交 「価値」を実践したのか

毎日新聞・社説
安倍外交の功罪 同盟強化も総決算ならず

そっくりの内容の朝日と毎日の安倍政権外交評価。今さら語るまでもない。菅氏は支持率の落ちた前任者のやり方を継承するという。ならば協力する気にはなれない人が過半数だろう。

読売新聞・社説
雇用支援の延長 生活基盤の維持へ最善尽くせ

若年性認知症 働き盛りでの発症は難題だ

意図的に政局から距離を取る読売。迎合体質ではこのポーズは逆効果。語れない作為があるのではと感じてしまう。

Comments are closed.