ORIZUME - オリズメ

4223.報道比較2020.8.31

4223.報道比較2020.8.31 はコメントを受け付けていません

投資が苦手な人だけでなく、消費でしか生きていない人、松扉が好きな人にも金言ばかり。努力によって誰もが資産家になれることをバフェット氏は示している。間もなく崩れそうな日本株を思うと、ベストなタイミングだ。

Wall Street Journal
バフェット流哲学:30万ドルの散髪代は妥当か (2020.8.30)

投資が苦手な人だけでなく、消費でしか生きていない人、松扉が好きな人にも金言ばかり。努力によって誰もが資産家になれることをバフェット氏は示している。投資、かくあるべし。間もなく崩れそうな日本株を思うと、ベストなタイミングだ。

朝日新聞・社説
再エネの拡大 政策の強化を急がねば

日本の経済界のレベルの低さが現れている事例。政治を動かさずに自らが動いてルールを作ればいいはずが、月に一度も開かない会合で提言だけ作って政治に言ったら経済界の役目は終わりだと思っている。世界の企業は自ら再生エネルギー100%、カーボンフリー100%に動く。政治の要請もなければ、政治を待ちもしない。サラリーマン社長の無能さが現れている。だからこの国は小さいままなのだ。

朝日新聞・社説
コロナと中傷 差別許さぬ姿勢を共に

昨日、読売が書いた話。国内紙くらいチェックして書いた方がいい。コピペか?

毎日新聞・社説
アベノミクスの終幕 重くのしかかる負の遺産

過去形で毎日は書いているが、現在進行形の話だ。株価は官製相場で2万円を越えたままだし、赤字国債で作った意味不明な使途不明予算は承認され、国庫で使い道を待っている。他人事で語るのをやめるべきだ。毎日もただ仕事をこなしているだけ。安倍政権といっしょだ。

読売新聞・社説
保健所の体制 人材の融通で機能を強化せよ

この状況を知りながら、未だに検査を保健所の特権にしていることが間違っていると、なぜ読売は考えないのか?不思議だ。

読売新聞・社説
EVの普及 世界を見据えた戦略描きたい

10年前の社説かと思った。まだこんな話をしているのでは、テスラどころか中国にも勝てない。世界各国がどれだけEVを優遇し、社会構造を変えようとしているかを知らないようだ。今から補助金を準備する?遅過ぎる。手遅れだ。

Comments are closed.