ORIZUME - オリズメ

4222.報道比較2020.8.30

4222.報道比較2020.8.30 はコメントを受け付けていません

9月のアメリカの新学期スタートは、想像していた中で最悪になる。育児のために仕事を休むことになれば、在宅化はますます加速する。

Wall Street Journal
米新学期、パソコンなしで遠隔授業? 焦る学校と親 (2020.8.28)

9月のアメリカの新学期スタートは、想像していた中で最悪になる。ウイルス対策が最悪の状況になっているのだから、仕方がない。すべてが政府の責任ではないが、トランプ政権がうまくやっていると考える人はいないだろう。バラマキ以外、何も機能していないアメリカ。育児のために仕事を休むことになれば、在宅化はますます加速する。

朝日新聞・社説
コロナ追加対策 現場の声に耳傾けて

産経新聞・社説
新たなコロナ対策 実効性の確保こそ大切だ

読売新聞・社説
コロナと中傷 感染者を責めるのは理不尽だ

次の政権が安倍政権の路線を継続する必要などない。少なくともコロナ対策は機能していたとは思えない。もっと改善してほしい。そのために今、政権交代となったと認識して動いた方がいいはずだ。読売は呆れるほど無駄な話をしている。風評被害はすでに現実になっている。特殊事情のように語っている無責任さには怒りさえ感じる。

朝日新聞・社説
アベノミクス 「道半ば」で行き詰まり

毎日新聞・社説
「安倍政治」の弊害 民主主義ゆがめた深い罪

期間が長かっただけで実りは少なかった。検証する必要などないのでは?安倍氏と同じ感覚で国政を仕切る人なら、即刻取り換えてほしい。毎日の指摘どおり、日本を分断したのは安倍政権なのは確実だ。

読売新聞・社説
後継選び本格化 総裁候補は明確に所信を語れ

辞めても、大したインパクトはなかった。それくらいの仕事しかしていなかったということ。次の人も誰がやっても同じとの風潮ができ上がってしまった。安倍政権が作った無関心。その責任を取ればいい。おかげで国政がどんどん力を失っている。地方が代わりに盛り上がってくれるなら、その方がいい。

Comments are closed.