ORIZUME - オリズメ

4218.報道比較2020.8.26

4218.報道比較2020.8.26 はコメントを受け付けていません

意図的に話を聞かない、無視する権力者の姿は、分断をさらに深刻化する。この姿勢が鮮明なのがトランプ氏であり、安倍氏も似た姿勢を見せる。

Wall Street Journal
中国人民軍に防御を固めよ=米国防長官 (2020.8.25)

トランプ氏にボート応援団、水上パレードの熱気 (2020.8.25)

アメリカ国内の価値観の分断は、さらに大きくなっている。意図的に話を聞かない、無視する権力者の姿は、分断をさらに深刻化する。この姿勢が鮮明なのがトランプ氏であり、安倍氏も似た姿勢を見せる。権力者が無視すれば、同調者は無視を戦略として活用する。批判者は対話できないことで結束する。話をする姿勢を取らなければ分断はどこまでも進む。判り合えるようにコミュニケーションするのはリーダーの義務であり、能力のひとつのはずが、今の世界のリーダーには欠如している人が多い。分断はやがて衝突に変わるだろう。

読売新聞・社説
銀行振込手数料 透明化で引き下げに努めたい

読売の発想は逆。銀行以外に送金の権限を規制緩和すればいいだけだ。ポイントの運用を緩和したり、利息の適用を緩和したり、手段はいくらでもある。銀行にだけ特権を与えている考え方を変えた方がずっといい。

朝日新聞・社説
河井夫妻公判 選挙実態に迫る審理を

司法取引で100人を無罪にするつもりなら、検察の発想は間違っている。1.5億円の自民党への切り込みはどうなったのか?河合氏より気になることは多くある。

毎日新聞・社説
コロナの時代 感染症危機と世界 新たな協調の土台作りを

どうやら連載だったようだ。まったく気づかなかった。3日連続で寝言を言っているように散漫。これなら休んだ方がいい。

朝日新聞・社説
ベラルーシ 公正な選挙で出直せ

読売新聞・社説
ベラルーシ 政権は抗議の声に耳を傾けよ

半月以上経て語れるのがこの程度。まったく無意味。

Comments are closed.