ORIZUME - オリズメ

4216.報道比較2020.8.24

4216.報道比較2020.8.24 はコメントを受け付けていません

夏が終わりに近づき、次の寒い季節が近づいている。残された時間は少ない。このままでは最悪の年末になる。

Wall Street Journal
米株高と景気のかい離、取り残される一般人 (2020.8.24)

金融資産よりも雇用を先に考えるべきだ。夏が終わりに近づき、次の寒い季節が近づいている。残された時間は少ない。このままでは最悪の年末になる。

朝日新聞・社説
被爆建物 「物言わぬ証人」の重み

理想は古い建物を保存しなくても、戦争体験を後世に伝承できることだろう。残念ながら、それができない。ならば、負担が大きくてもできる限り残すべきだと思う。過去を忘れたら、私たちはきっと同じ過ちを犯す。

朝日新聞・社説
洋上風力発電 豊かな「資源」の活用を

前のめりになり過ぎずに進めてほしい。焦ると利権をほしがる人たちが活気づく。再生エネルギーも関わる人間は決してクリーンではないのは太陽光発電で学んだはず。不要なカネをかける必要はない。

毎日新聞・社説
コロナの時代 変わる仕事のあり方 働き手の幸福が最優先だ

話したいのは仕事への関わり方なのだろうが、取り上げている話のひとつずつが軽率で粗雑。移住をこんなに簡単に持ち上げていいのだろうか?過疎が進み、転職は相当難しいはずの地方に、感染症で盛り上がったリモートワークだけで短絡的に決断するのは、むしろ危険だと思う。長時間労働、生産性、人口減…何の話をしているのか、どんどん判らなくなっていく。話を整理してから書いてほしい。

読売新聞・社説
重油流出事故 モーリシャスの生態系を守れ

この事故が起きたのは8.7。2週間以上放置してこの程度のことしか語れないなら、取り上げるだけ無駄だ。

読売新聞・社説
「お試し」商法 誤解を招く表示は許されない

去年の話をいま?なぜ?

Comments are closed.