ORIZUME - オリズメ

4212.報道比較2020.8.20

4212.報道比較2020.8.20 はコメントを受け付けていません

この記事を読んだ人は、少なからず中国のウイルス対策に悪印象を持つだろう。トランプ氏がずいぶん前にこの情報を、さらに綿密な分析結果とともに得ていた可能性は高い。

Wall Street Journal
コロナ封じ込め、中国CDCが機能しなかった理由 (2020.8.19)

この記事を読んだ人は、少なからず中国のウイルス対策に悪印象を持つだろう。トランプ氏がずいぶん前にこの情報を、さらに綿密な分析結果とともに得ていた可能性は高い。この事実を前提にCOVID-19は中国ウイルスと権力者が言うのは乱暴だが、中国もまた、期待される仕事はパンデミックの前だけでなく、その後も含めて良い仕事はしていないし、世界は中国にまったく満足していない。中国はそれでも態度を硬化させている。さらに中国の印象は悪くなるだろう。

Wall Street Journal
アップル「2兆ドル企業」に、もはや失敗の余裕なし (2020.8.20)

アップル、時価総額2兆ドル突破 株価は3月の2倍超に (2020.8.20)

コロナ・ショックに世界が陥ってから、AAPLは上昇の勢いを加速した。それまではGAFAと言われる中でもパフォーマンスは悪い方だった。その理由が知りたい。私は、アメリカ国内の知名度でロビンフッターの投資資金が集中しているという噂を懸念している。5Gへの期待は、まだ未知数。それほど業績が伸びたわけでもない。奇妙なペースだ。

朝日新聞・社説
秋入学再論 大学に絞って議論を

納得した。朝日の主張を聞くまでは、漠然としか入学時期への課題を受け止めていなかった。厳冬に入試となるのは、不幸な経験をする人のことを思うと対策が必要ではと思っていた。朝日の言う2期の入学機会というアイディアは、大学や専門学校には有益ではないだろうか?部活に全力を傾けてから秋に入学したいニーズは、確実にあるだろう。一年に2つめのチャンスがあるなら、浪人という選択肢も選びやすくなる。良いアイディアだと思う。批判的な意見も聞いてみたい。

朝日新聞・社説
熱中症予防 目配り声かけの大切さ

こちらはあまり役に立たない話。社説でする話ではないのでは?

毎日新聞・社説
コロナの時代 スポーツ観戦 多様な楽しみ方の模索を

生の体験とデジタル体験を比較することが間違っている。どちらにも異なる体験の醍醐味がある。バーチャルをリアルの代替と思っているようなら、価値は生み出せないだろう。

読売新聞・社説
災害ごみ 広域連携で迅速な処理を図れ

洋上風力発電 普及には国の戦略が重要だ

官報レベルの社説。無価値。

Comments are closed.