ORIZUME - オリズメ

4206.報道比較2020.8.14

4206.報道比較2020.8.14 はコメントを受け付けていません
Biden--Trump polling, CC Attribution, Photo by Peter Stevens via Flickr
Biden–Trump polling, CC Attribution, Photo by Peter Stevens via Flickr

ハリス氏を選び、役者が揃った。トランプ氏は大統領としての立場を積極的に利用してくるだろう。苦手としているウイルス対策で効果を出すのが一番だと思うが…

Wall Street Journal
米副大統領候補ハリス氏、ウォール街の味方になるか (2020.8.13)

ウィーチャット禁止令、米財界に波紋 「中国で不利に」 (2020.8.14)

トランプ氏が破壊する「抑制と均衡」 (2020.8.13)

ハリス氏を選び、役者が揃った。トランプ氏は大統領としての立場を積極的に利用してくるだろう。苦手としているウイルス対策で効果を出すのが一番だと思うが、聞こえてくるのはイスラエルの応援と中国叩き。選挙に使う時間としての残り時間は十分にあるが、大統領として仕事をするには短い。このまま、ネガティブ・セレクションのような大統領選挙になるのだろうか。

朝日新聞・社説
NHK経営計画 スリム化は結構だが…

1週間ほど前の8.8の毎日と同じ論調。あれだけ吠えていた経営委員会の問題を脇に置いたまま、また目先の問題を指摘するだけ。ここまで時間がかかった理由は?

朝日新聞・社説
不漁のサンマ 漁獲枠の強化を急げ

今年1月の毎日の社説から、増えた話はコロナの話だけ。毎日は北欧の漁業へのコメントもあったが朝日にはない。能力不足だ。

毎日新聞・社説
コロナの時代 危機管理のガバナンス 総力いかす体制の構築を

毎日は夏休みか?コロナ関連の政治活動をまとめて終わっている。何の役にも立たない政治の動きを、さらに無意味にまとめる無駄。医療機関を取材した方がずっと本質的な話が出てくるだろうに、報道は動かない政治ばかりを追う。何をすれば一番効果的か、メディアも考えたらどうだろう?感染症に政治はなくても構わない。事実、ここまで政治が効果を出したものなどひとつもないのでは?

読売新聞・社説
高齢者施設 万全のコロナ対策を講じたい

「黒い雨」再検証 国は救済範囲の確定を急げ

県や市を抑え込んで控訴する国の動きを必死に弁護する読売。まったく説得力がない。人民日報化が止まらない。

Comments are closed.