ORIZUME - オリズメ

4201.報道比較2020.8.9

4201.報道比較2020.8.9 はコメントを受け付けていません

もう戻らない過去の楽しみより、新しい楽しさを探そう。

Wall Street Journal
雇用回復に安心は禁物、注目を要する3つの動向 (2020.8.8)

ギャラクシーノート20、過ぎ去りし時代のスマホ (2020.8.6)

約6か月で世界の価値観は大きく変わった。食事の仕方や移動、ディスプレイのサイズや洋服の選び方まで。変化に不平を言うよりは、新たな快適を探す挑戦をした方がいい。もう戻らない過去の楽しみより、新しい楽しさを探そう。

毎日新聞・社説
人口減少と市町村 広域連携は多様性重視で

これが人口減で悩んでいる国の政治なら、もっと追い詰められなければ動かないようだ。高齢化も進んで、問題解決にかかる時間はさらに増えるというのに。愚かだ。

毎日新聞・社説
GPSとストーカー 被害実態踏まえ法改正を

社会の感覚から言えば最高裁の感覚は異常。裁判官がその感覚を持っていたかが気になる。持っていたなら、毎日の指摘どおり遅いのは法改正。国会議員の怠慢だ。

読売新聞・社説
病院の収入減 コロナによる経営悪化を防げ

国民への給付だけでなく、病院への給付金も遅れている。政府の能力が低いから何をやっても遅い。これがいまの政権の能力だ。

読売新聞・社説
在独米軍の削減 拙速は地域の不安定化を招く

もっと防衛費を出すための社説か?財政赤字削減とセットで考えてほしい。割合の話をする時は総額を、総額の話をする時は割合を注視すべきだ。無能な人たちがごまかす時に良く使う手法だ。

朝日新聞・社説
子どもの貧困 実態把握と支援拡充を

以前から判っている問題。唐突に取り上げて政府への文句に使うだけなら逆効果だ。思い付きのようなやり方はやめてほしい。政治への制度の文句だけでなく、問題解決に取り組んでいる人たちの成果を報じてほしい。

Comments are closed.