ORIZUME - オリズメ

4197.報道比較2020.8.5

4197.報道比較2020.8.5 はコメントを受け付けていません

バイデン氏を支持している人たちは、相手がトランプ氏でなくとも同じ行動をするかを考えてから動いた方がいい。フェアにいこう。

Wall Street Journal
バイデン氏は討論会を回避するのか (2020.8.4)

中国問題、バイデン氏ならどうする? 5つの疑問 (2020.8.4)

バイデン氏を支持している人たちは、相手がトランプ氏でなくとも同じ行動をするかを考えてから動いた方がいい。討論会を回避したり、恥を避けるようなやり方は、後に大いなる後悔をもたらすのは確実。相手に勝ちたいためにルールを変えるのは最低だ。フェアにいこう。

毎日新聞・社説
少年法の与党改正案 安易な厳罰化を懸念する

毎日に賛成。厳罰化がさらに犯罪者を減らすとは思えない。勝手に成人を18歳に変えたのは政治。その責任を先に果たすべきだ。

産経新聞・社説
「徴用工」問題 現金化なら直ちに制裁を

毎日新聞・社説
徴用工問題の深刻化 韓国は最悪の事態回避を

日本も韓国も、権力の使い方、政治が下手だなと思う。相手にメッセージを伝えられず、誤解ばかり生んでいる。結末は争いにしか発展しない。アメリカが止めてくれると思っているだろうが、そうはならない。もう韓国にも日本にも価値は少ないと見られている現実に気づいた方がいい。不毛だ。

朝日新聞・社説
原爆投下から75年:上 核抑止依存から脱する時だ

原爆忌を今日明日で語ろうというのは常識的だが、核兵器とコロナ・ショックを並べて語る発想は、違和感とともに支離滅裂な内容になっている。何を言いたいのかがまったく見えない。世界中に文句を言っているが、対象も内容も準備不足。これを明日もやるつもりだろうか?数日考えてから行動した方がいいのでは?

読売新聞・社説
NHK経営計画 これで肥大化是正が進むのか

朝日と毎日が経営委員会を問題視している時に、なぜか予算の話をする読売。こういう時は、政治がNHKに関与しているということ。政権批判派は嗅ぎ取って動いてはどうだろう?また文春が持っていくかもしれないが。

読売新聞・社説
熱中症予防 暑さに慣れない時期は注意を

世間話しかできなくなってきた読売。権力に寄り添うことの不幸を具現化している。

Comments are closed.