ORIZUME - オリズメ

4194.報道比較2020.8.2

4194.報道比較2020.8.2 はコメントを受け付けていません

選んだことを恥じるべきリーダーが世界中にいる。批判するなら、慎重に選ぼう。

Wall Street Journal
米大統領選は延期すべきか??? (2020.7.31)

Wall Street Journalは何を擁護しているのか?共和党内さえ呆れているのに。笑い飛ばせばいいだけだ。残り100日を切ったトランプ氏。ますます醜態を晒すのだろう。これがアメリカのリーダーの姿だ。選んだことを恥じるべきだ。

Wall Street Journal
フェイスブックに戻る広告主、対応にはなお不満も (2020.8.1)

いまのアメリカの会社の信念など、この程度。予算を一時的に縮小した程度でボイコットと呼ぶのは欺瞞だ。ただのポーズに過ぎない。腐敗しているのはFacebookだけではない。アメリカ全体だ。

毎日新聞・社説
香港議会選の1年延期 民主派抑圧が狙いなのか

Wall Street Journalが昨日取り上げた話題。香港がこの発表をしたのは2日前。時差と翻訳のロスタイムを考えても、いかに日本の新聞のペースがスローか判る。それでも他紙に比べれば早いのが、日本の老化を感じさせる。
それで内容が深いのならいいのだが、すでに知られていることを書いただけ。これなら翻訳された海外ニュースに誰もが流れる。前向きな人は、日本語を捨てて外国語でニュースを読みはじめている。日本のメディアが削った部分に重要な内容が含まれているのを知りはじめると、ますます日本のメディアが信じられなくなる。他の産業と同様に、日本のメディアも死滅するだろう。

朝日新聞・社説
コロナ全国拡大 危機回避へ具体策を

産経新聞・社説
政府のコロナ対応 首相は戦いの前面に立て 「GoTo」は一時停止を

政府寄りだった産経が翻意。ここまでだらしない対応なら当然だろう。私は別に動かない国を待つ必要なないと思う。このまま置き去りにして進めればいいだけだ。彼らが遅れるほど、支持率は下がるだろうが、代わりはいくらでもいる。この程度の仕事しかできないなら、今の野党でも十分。高校生でもできるだろう。動けない人たちを待つ必要はない。期待も一切しないことだ。

読売新聞・社説
財政試算悪化 現実的な再建の道筋を示せ

とぼけるように財政の話?バラマキをはじめたのも、野放図な予算を組んだのも読売が応援している政府だが?それで財政悪化を説いて増税というなら、さすがに暴動が起きるだろう。

毎日新聞・社説
千代田区長の「解散」通知 自治の原則に反している

無能な人を選んでいたと反省すべきだろう。街中でキレて叫んでいる老人と大差ない。リコールだな。

読売新聞・社説
財政試算悪化 現実的な再建の道筋を示せ

こちらの話題は興味深いが、状況を伝えるに留まっている。意見ゼロ、主張ゼロ。何のために社説で取り上げたのか?

Comments are closed.