ORIZUME - オリズメ

4192.報道比較2020.7.31

4192.報道比較2020.7.31 はコメントを受け付けていません

公聴会を終えた翌日、4社は決算を発表した。Googleだけが業績を落とした。他は成長。今のところ、Big Techの準備は周到に見える。

Wall Street Journal
アマゾンとアップル好決算、グーグルは初の広告減収 (2020.7.31)

アマゾン過去最高益、コロナが追い風に (2020.7.31)

アルファベット大幅減益、グーグル初の広告減収 (2020.7.31)

フェイスブック増収、新型コロナよそに (2020.7.31)

アップル11%増収 新型コロナでソフトや端末販売好調 (2020.7.31)

巨大ITの独占めぐる逆説的事実 (2020.7.30)

公聴会を終えた翌日、4社は決算を発表した。Googleだけが業績を落とした。他は成長。今のところ、Big Techの準備は周到に見える。Wall Street Journalも議会よりは企業に分を認めている。無料含め、対価を圧倒的に越えるサービスと必需性。独占を否定できるだけの競争。片手ほどのプレーヤーが世界の技術を乗っ取っているというのは事実だが、彼らが一瞬でも休んだら、昨日は見なかった会社が登場して食い荒らすことになる。後から出てくるプレーヤーの方が、彼らよりずっと強欲だろう。Big Techにも多々の改善点はある。いまより良い未来はきっとあるだろう。そのために企業分割が必要とは思えない。議会のパフォーマンスは論点がずれている。消費者が求めているのは独占ではない。ベンダーとして置かれた立場への強烈なプレッシャーであり、プライバシーをカネに変えるようなビジネスだ。

毎日新聞・社説
NHK経営委の議事録 責任逃れの実質不開示だ

しつこくこの話題に食らいつき、NHK経営委員会を批判する毎日。私は興味が湧かないが、気になるならこだわってもいいと思う。同時にゆうちょも追求すべきだ。問題の根源は利権。ゆうちょの方が根深い。

毎日新聞・社説
特養入所者死亡で無罪 現場の萎縮生まぬように

もう少し建設的なことに時間を使ったらどうだろう?

朝日新聞・社説
高校の国語 文学と論理 境を越えて

シンプルに学部を分ければ?文科省の取り組みは間違っていない。文学国語を否定しているわけでもない。1年に学習できる時間で優先順位をつけたいだけだ。あとは選択できればいいのでは?朝日のような文句を言っていても前に進まない。

朝日新聞・社説
ナイル川ダム 平和的な利水の調整を

悩ましい。紛争になって当然の事態だ。外国がリードできるすき間はあるだろうか?中国が本気でアフリカを支援する気があるなら、ヨーロッパが今でもアフリカを自分たちの支援対象と見ているなら、こういう問題の解決を中立で行えれば理想的だ。朝日の寝言はまったく無益。不要だ。

読売新聞・社説
コロナと虐待 子供の見守り機能を高めたい

読売が4.20に緊急事態中のDVを取り上げていた。同じ文脈?多数という抽象的な表現が気になる。

読売新聞・社説
GAFA公聴会 健全な競争確保へ説明尽くせ

読売は、海外のこんな話題には早々に食いつくらしい。内容は空っぽで役に立たない。よほどITが嫌いなのだろう。絶滅に向かうはずだ。

Comments are closed.