ORIZUME - オリズメ

4186.報道比較2020.7.25

4186.報道比較2020.7.25 はコメントを受け付けていません

マーケットの騒がしさの主役は、このところTSLAに集中している。過剰に期待を寄せる熱狂が私には恐い。

Wall Street Journal
テスラ、初の4四半期連続黒字を達成 (2020.7.23)

「魅力」ではテスラが首位、品質調査で最下位でも (2020.7.23)

テスラのテキサス新工場、5000人雇用へ (2020.7.24)

テスラ「S&P500採用」目前、節目達成へ思惑交錯 (2020.7.23)

マーケットの騒がしさの主役は、このところTSLAに集中している。私はCYBERTRUCKを見てすべて手放したが、それでも十分に果実を得た。そこから倍は上げた。後悔も、再挑戦の意志もない。理由は過熱感が単純に恐いからだ。TSLAの業績や製品の魅力、将来性は圧倒的に信頼している。株価が絡んだ時にイーロン・マスク氏の言動と、過剰に期待を寄せる熱狂が私には恐い。S&P500に採用される価値は十分にある企業だと思うが、今の株価では買わない。AMZNにも同じ感想を持っている。

毎日新聞・社説
大阪都構想と住民投票 判断材料が十分ではない

災害ボランティア 支援は感染防止と両立で

毎日は大阪都構想にはネガティブなようだ。民意が維新にポジティブになっているから危機感はさらに強いだろう。雰囲気に流されるのは良くない。実際、大阪は何度も著名人を選んでひどい政治をやられた過去がある。今回がまたノリなのか、信じられる変化なのかを毎日が確認したいというならすばらしい。もし批判もノリでやっているのなら改めるべきだ。災害ボランティアにも似たような印象を持った。批判する前提で書いている気がしてならない。

朝日新聞・社説
虐殺の史実 都は改ざんに手貸すな

検察刷新会議 開く以上 本気の議論を

朝日には毎日以上に批判前提の意識が見える。おとといから性格の悪さを感じる嫌味な文面。話題はそれなりに良い視点が見えはじめているだけに残念。

読売新聞・社説
コロナ感染急増 全国的な広がりを憂慮する

ドローン登録制 安全な飛行へ対策を強化せよ

もう連休は半分を過ぎたが?これは新聞の品質ではない。読売がこういう仕事をするようになってずいぶん経つ。直す気もないのだろう。このまま衰退に向かうだろう。

Comments are closed.