ORIZUME - オリズメ

4180.報道比較2020.7.19

4180.報道比較2020.7.19 はコメントを受け付けていません。

歴史から学んでいたとしても、止められないバブル。この痛みは、当然、2008年より大きくなる。何で崩壊するだろう?香港?台湾?それほど遠くない未来だ。

Wall Street Journal
52兆ドルの中国不動産バブル、コロナでも止まらず (2020.7.17)

歴史から学んでいたとしても、止められないバブル。この痛みは、当然、2008年より大きくなる。買っている人は中国人ばかりだろう。コロナではじけなかったバブルは、何で崩壊するだろう?香港?台湾?それほど遠くない未来だ。

Wall Street Journal
ホワイトハウスで選挙演説、トランプ氏の再選戦術 (2020.7.17)

相当トランプ氏は追いつめられているようだ。ここまでのルール違反を平然とやらなければ自分の主張さえ伝えられなくなった。この手法がデメリットを生んで早々にやめる。そんな結末になるのでは?

毎日新聞・社説
東京の劇場で集団感染 実態を解明し再発防止へ

このレベルの感覚なら、日本はまだイベントは自粛した方が良い。少なくとも、私は行かない。こうやって消費者のマインドが変わることの方がずっとリスクだ。

朝日新聞・社説
コロナと経済 次の対策の備えあるか

書くことがないから難解に書いて高尚ぶっているだけ。寝言と一緒。何ひとつ新しいことも理解を助けるものもない。無駄。

毎日新聞・社説
防災情報の課題 避難につながる見直しを

先週の社説の使い回しか?新しいことはまったく含まれていない。1週間何をしていたのか?気づいているならメディアにもできることはある。行政を批判するだけの時代は終わりにしてほしい。

読売新聞・社説
骨太方針決定 経済再生への決意が見えない

いつの話?1週間前の話題だ。応援している政府の仕事さえ終えなくなったのか?

読売新聞・社説
電子図書館 補完的活用で読書機会保とう

電子でやるなら別に行政がやらなくてもいい。政府が嫌うプラットフォーマー各社がやればいい話だ。すでに著作権切れの作品は無料で提供されていることを読売は知っているだろうか?問題は著作権のある書籍の扱いだ。安易に無償で貸し出すことを語っていいはずがないのは自明。読売はどういう発想でこの話をしているのだろう?

Comments are closed.