ORIZUME - オリズメ

4175.報道比較2020.7.14

4175.報道比較2020.7.14 はコメントを受け付けていません

賃金は上げた方がいい。確実に。バイトだけでも生きていける社会になれば、もう少し安らいだ社会になるだろう。経営者が納税よりは賃金に価値を感じたら、社会はもう少し良くなる。いまの国家にカネを払うのは無駄だ。

Wall Street Journal
中国の南シナ海領有権主張、米が正式に否定へ (2020.7.14)

香港、「国家安全法」施行で外国企業の安心感薄れる (2020.7.14)

中国が世界経済回復を牽引できない理由 (2020.7.13)

世界の中国嫌いは香港でさらに高まった。中国の孤立はさらに悪化する。中国側に立つ国も数は多い。だが成熟した意思決定をできる国は少ない。問題はアメリカを代表とする先進国が論理的に、理想的に中国を追い詰めることができるかだ。いまのアメリカには、それだけの信任が消えた。アメリカ自身がそれを理解しているだろうか?

朝日新聞・社説
在日米軍基地 感染情報の共有を急げ

こういう問題を、いかに上手に使うかが、自分たちの住みやすい街にできるかを決める。正論だけで抗議していても何も前に進まない。相手も明らかに始末の悪いことをしたと思っている時は、お互いにとって合意形成するチャンスだ。今のやり方では相手を頑なにさせるだけ。やり方を変えた方がいい。

毎日新聞・社説
コロナ下の最低賃金 安易に抑制してはならぬ

賃金は上げた方がいい。確実に。バイトだけでも生きていける社会になれば、もう少し安らいだ社会になるだろう。経営者が納税よりは賃金に価値を感じたら、社会はもう少し良くなる。いまの国家にカネを払うのは無駄だ。

朝日新聞・社説
コロナの拡大 ちぐはぐ対応 深まる溝

産経新聞・社説
GoToトラベル 首都圏の対象除外考えよ

毎日新聞・社説
GoToトラベル 全国一斉の実施は不安だ

くだらない。マスク配布並みにレベルが低い。もう誰もが呆れるだろう。新聞はこんな話より黒川氏の不起訴、河合氏の問題を話した方がいい。追い詰めるチャンスだ。

読売新聞・社説
家賃負担軽減 苦境が長引く店舗の支えに

歩きスマホ規制 「立ち止まって操作」が鉄則だ

常に政府追従の読売。コントだ。

Comments are closed.