ORIZUME - オリズメ

4172.報道比較2020.7.11

4172.報道比較2020.7.11 はコメントを受け付けていません

冬のロックダウンの中、考えるべきは新しいライフスタイルだったはず。無策のまま突き進めば、夏以降、ウイルスとは無関係に経済が呼吸を止めるだろう。

Wall Street Journal
コロナの副産物「環境改善」、経済再開で水の泡に (2020.7.10)

想像どおりの残念な現実。さらに残念なのは、次は感染が拡大しても経済を止めないと各国が言っている事。だったら1回目の空騒ぎは何だったのか?ますます世界は分断し、ひきこもることになる。冬のロックダウンの中、考えるべきは新しいライフスタイルだったはず。無策のまま突き進めば、夏以降、ウイルスとは無関係に経済が呼吸を止めるだろう。

朝日新聞・社説
骨太方針原案 存在意義が疑われる

定期払い賠償 実態に即した救済に道

他紙から1日遅れたが、骨太方針批判は遅れただけの重みのある批判になっている。政権批判の朝日らしい。保険の話は遅れたが他紙のコピペに留まる内容。

毎日新聞・社説
相次ぐ豪雨被害 防災の総合力を高めたい

東京で最多感染者 分析と情報公開が足りぬ

読売新聞・社説
コロナ感染最多 情報を公開して拡大を防げ

豪雨被害 高齢者の避難路確保が課題だ

毎日と読売は世間話でもしているかのような論調。危機感ゼロ。過去最多ということは、この先、どうなるかはすぐ想像できる。それなのにイベント開催開始で無策のまま進めるらしい。頭がおかしい。

Comments are closed.