ORIZUME - オリズメ

4171.報道比較2020.7.10

4171.報道比較2020.7.10 はコメントを受け付けていません

多国籍な組織は無条件に価値があると考える時代は終わった。中立でいられない人に権力を掌握させる運営は、これからの時代には成り立たない。ブランドと呼ばれるものは全体に衰退するだろう。

Wall Street Journal
米のWHO脱退通告、次の一手がカギ (2020.7.9)

読売新聞・社説
米のWHO脱退 感染症対策を阻害するだけだ

私はWHOに関してはWall Street Journalの感覚に賛成。多国籍な組織は無条件に価値があると考える時代が、ここで終わったと見るべきだろう。中立でいられない人に権力を掌握させる運営は、これからの時代には成り立たない。読売は、すでに冷戦ははじまっていることを認識すべきだ。

毎日新聞・社説
骨太方針とデジタル化 格差是正の視点が乏しい

カネと時間の無駄。すべて止めさせてほしい。やってる感だけの内閣の予算執行権をとにかく止めるべきだ。

読売新聞・社説
文書管理の人材 記録保存の徹底へ活用したい

ITの時代、つまらない呼びなの人材など要らない。すべてログという名で保存しておけばいい。すべてが記録されていれば添削も黒塗りも機能しない。公的な認証や専門家という名にどれだけの介入があるか。読売が支援する政府の大好きな分野だろう。許すべきではない。

朝日新聞・社説
記録的な大雨 迅速な情報で命を救え

議員立法推進 まず審議時間の確保を

タイトルほどには内容がない主張。自分だけ避難地域で気づいた文句を言っているだけに写る。独自の情報、考察がなければ報道の価値はない。

毎日新聞・社説
大規模イベントの再開 観客の協力も欠かせない

Comments are closed.