ORIZUME - オリズメ

4170.報道比較2020.7.9

4170.報道比較2020.7.9 はコメントを受け付けていません

金儲けよりは健康の方が大事だという言葉を否定する人はいない。だが、健康のために他人を攻撃していいと言う人はいないだろう。健康のために国家がどこまでの権力を使うべきなのか。立ち止まって考える時期に来ている。

Wall Street Journal
コロナ集団免疫、予想より早く実現か (2020.7.8)

このコラムで唯一気になったのは、科学者の寄稿ではなく、Wall Street Journalのメンバーが書いているということ。論理的根拠を得て書いているのは判るが、科学的な裏付けはない。それでも、感覚的に判断している政治家や、感情で左右される市民の感覚よりはいい。誰もが不明なことを語っている。調べ終わってもいないことを話している。マスクをマナーのためにしているのか、予防のためにしているのかさえ判らなくなっている。少なくとも、判らないことために部外者を攻撃したり、規則に従わせようとするのは間違っている。ロックダウンが果たして正しかったのかは時間を経て見ないと判らない。ブラジルやスウェーデンのやり方が乱暴過ぎるかも。金儲けよりは健康の方が大事だという言葉を否定する人はいない。だが、健康のために他人を攻撃していいと言う人はいないだろう。健康のために国家がどこまでの権力を使うべきなのか。立ち止まって考える時期に来ている。

朝日新聞・社説
河井夫妻起訴 首相は疑念に応えよ

産経新聞・社説
河井夫妻起訴 「政治とカネ」に決別図れ

毎日新聞・社説
河井夫妻を起訴 党は1.5億円の経緯説明を

読売新聞・社説
河井夫妻起訴 倫理観の欠如に驚かされる

政府の責任を避け、安倍氏の名前を必死に隠す産経と読売。滑稽。そんなことをしているから問題がここまで大きくなったのだ。責任を取らずに居座る姿勢をはじめたのも安倍氏。河合氏に「なぜやめない?」と言う前に、責任という言葉を極限まで形骸化した安倍氏の過去を考えるべきだろう。検察に期待する。黒川氏のクビにした文春の功績は大きい。

朝日新聞・社説
世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ

私は朝日の主張に賛成。修正主義は、どの国にも許されるべきでない。

毎日新聞・社説
迫る「新START」期限 核管理は最低限の責任だ

来年2月ということは、アメリカは大統領を選び直している。話はそれからでいいだろう。内容を意図的に難解に書いているのだろうか?高尚ぶるよりシンプルに考えたい。

読売新聞・社説
骨太方針案 不安の払拭で経済再生を図れ

最悪。政府の方針を推奨するだけ。私はここに書いてあることのすべてに違和感がある。いつもの言葉遊びの方針だから、誰も相手にしないだろうが。

Comments are closed.