ORIZUME - オリズメ

4169.報道比較2020.7.8

4169.報道比較2020.7.8 はコメントを受け付けていません

どれだけ大きなマーケットでも、閉鎖的で、最終的に言うことを聞かなければ居心地が悪い場所と知ったら、出ていく方がいいと考える人は多いだろう。中国からの流出がはじまる。

Wall Street Journal
米IT大手が香港国安法に抵抗、懸念浮き彫り (2020.7.8)

TikTok「微妙なかじ取り」 米中対立の狭間で (2020.7.8)

Wall Street Journalの見立ては正しい。まだ企業は痛みを感じない範囲での意思決定で様子を見ている。だが、この意思表明は中国というマーケットを捨てる覚悟も見える。何かの手段で中国マーケットに関われないか?経営者なら考えて当然の発想だが、ITはいまの中国とは関わらないことを選ぶと決めたようだ。中国版の開発は減り、人材の必要性も減る。代わりにインドを開拓する。そんな思惑だろうか。どれだけ大きなマーケットでも、閉鎖的で、最終的に言うことを聞かなければ居心地が悪い場所と知ったら、出ていく方がいいと考える人は多いだろう。中国からの流出がはじまる。

Wall Street Journal
米、WHO脱退を正式通告 中国寄りを批判 (2020.7.8)

この判断を嫌うアメリカ人もいるのだろうか?私が見ても、それなりの時間をかけて妥当に決断したと思う。WHOにも変化が必要だった。変化できないなら新たな取り組みを考えるのは良いと思う。これはアメリカしかできない決断だろう。彼らにはWHOの代替をつくるだけのリーダーシップがある。それをトランプ氏が持っているかは判らないが。WHOしかできないことがあるのも承知だ。だが、WHOが想定以上に偏っているのも事実だ。世界は確かに分断に向かっている。残念だが、似たことはこれからも起きるだろう。

朝日新聞・社説
高校生の就職 コロナ下で支援を厚く

高卒者修飾のニーズは、小さくなったとしても確実にある。ニーズを持っているのは企業側だ。挑戦しようとしている企業や成功事例を取り上げてほしい。総合的な話だけをして自治体を悪者にしているだけでは?

毎日新聞・社説
広がるテレワーク 不安除き新たな働き方を

話のレベルが低過ぎで、このレベルの課題で困っているなら、また通勤すれば?と思う。サイバー攻撃より情報漏洩だろうし、光熱費や通信費がどれだけ上がる?定期代よりは確実に安い。もう労働時間で仕事を測ることが難しくなっていることに気づくべきだ。成果を上げるなら、1時間で終わっても1日かかっても構わない。それが能力という時代になっている。だから残業や休日も働くべきとは思わないが、自分がどれだけの生産性があるかも判らず、上司は指示の仕方も判っていないから毎日のような議論になる。仕事のやり方が間違っていることに気づくべきだ。

読売新聞・社説
マイナポイント 給付金の混乱を繰り返すな

リニア開業延期 科学的見地で合意目指したい

間抜けは何度でも同じミスを犯す。問い合わせなど起きないように作るのがシステムであって、問い合わせがつながりにくくなる時点で読みが外れている。たった5000円のために動いてくれている国民にまたストレスを感じさせる愚行。JRも不思議。ここまで逢わずに良く準備してきたものだ。今さら会談して、一度の話し合いでスケジュール遅延?ヤバそうならもっと前から話し合えばいいのに。間抜けはまたスケジュールを遅らせて他人のせいにするのだろう。最初から実現できない独りよがりのスケジュールをつくっているだけだ。誰もほしがらない投資だから、JRもやめたいのでは?

朝日新聞・社説
石炭火力削減 温暖化防ぐ道筋を描け

毎日新聞・社説
敵基地攻撃能力 議論が飛躍しすぎている

死に体の内閣が、いつもの思い付きで言い出したことだろう。前には進まないだろう。進めようとしたら頓挫するような話ばかりだ。相手にする必要もない。

Comments are closed.