ORIZUME - オリズメ

4165.報道比較2020.7.4

4165.報道比較2020.7.4 はコメントを受け付けていません

急速に変化する香港。次はビジネス界に中国への態度を決めろとの試練が訪れそうだ。

Wall Street Journal
言論の自由守れるか、香港新法で米テク企業に試練 (2020.7.4)

香港の外国企業、国家安全法に動揺隠せず (2020.7.3)

急速に変化する香港。次はビジネス界に中国への態度を決めろとの試練が訪れそうだ。あらゆる問題への企業の態度は、政治家より誠実で清々しい。多くの企業が平然と香港から出ていくだろう。大陸へのチャンスよりずっと大切なものを、企業家は知っている。

朝日新聞・社説
コロナ再拡大 戦略不在が広げる不安

読売新聞・社説
コロナ感染者増 第2波阻止へ警戒緩めずに

最初から戦略など感じたことがない。投げ出すなら税を払わなくていいのだろうか?何も決められない議員は消えればいいとしか思えないレベルに劣化した。こんな無能な人を選んだと反省するしかない。東京都は週末に選挙だ。また無能な人を一時の感情で選ばないでほしい。それにしても…聞いた話を書くだけか?新聞の無能さにも呆れる。

毎日新聞・社説
ロシアの憲法改正 専制と自国優先の危うさ

昨日の他紙から1日遅れたが、少し踏み込んだ話が。支持母体の宗教の話やLGBT批判の姿勢まで、プーチン氏の描く前時代的な国家像は、興味深い。戦略家としての能力はすばらしいと思うが、生まれる時代が100年は遅かったようだ。今の時代に、プーチン氏が描くロシアは明らかに古い。付き合い方は当然再考すべきだ。

朝日新聞・社説
宇宙基本計画 「安保」最優先の危うさ

「イージスの件は?」の一言で、この程度の作文の空虚さは判る。相手にする必要はない。ただの作文だ。

毎日新聞・社説
石炭火力100基の休廃止 脱炭素へさらなる戦略を

読売新聞・社説
石炭火力削減 安定供給には代替電源が要る

支持率の落ちた政権が何を言っても、もう動かない。賛成も反対もしにくい中途半端な方針が、さらに支持率低下を招くだろう。宣言だけなら誰でもできる。

Comments are closed.