ORIZUME - オリズメ

4142.報道比較2020.6.11

4142.報道比較2020.6.11 はコメントを受け付けていません。

ITにも、いよいよ米中冷戦の影響が出そうだ。ひとつのマーケットを選んだら、もうひとつは捨てなければならない決断を迫られる。

Wall Street Journal
ファーウェイと米中ハイテク戦争 (2020.6.10)

ITにも、いよいよ米中冷戦の影響が出そうだ。5Gをめぐる米中の争いは、WindowsとMacのようなあからさまな選択肢の強要はしないだろうが、ひとつのマーケットを選んだら、もうひとつは捨てなければならないという、いま香港企業が味わっているような決断を迫られる。中国が画期的なITトレンドを生み出した時、図式が揺らぐ。コストではなくイノベーションが中国には必要だ。今のところ、私はその可能性は低いと見ている。現時点で、中国にそれだけのバリューを生み出せる能力はない。中国が世界に挑戦するのは10年早かった。この判断ミスが、中国がアメリカを越えられない理由になる気がする。

毎日新聞・社説
コロナ下の医療機関 経営の危機招かぬ支援を

システム崩壊を免れた後、経済の困窮に陥った。社会システムと同じだ。スピードが肝心だが、政治に期待はできない。医療業界には自力で推進する姿勢を感じたことがない。コロナ・ショックがきっかけになって自発的な、政治とは無縁の行動がはじまるといいのだが。

朝日新聞・社説
国会召集訴訟 物足りなさと収穫と

20年後の市町村 地域生かす広域連携を

内容を理解して書いているだろうか?書きたいことをまとめてから書いているだろうか?どちらの社説もまったく伝わってこない。内容がつかめない。難解だからではない。説明が下手なのだ。

読売新聞・社説
子の養育費 貧困招く不払いを解消せよ

去年には出ていた話。半年経ってもまだ検討?だから遅いといわれるのだ。日本は。

読売新聞・社説
日韓世論調査 文政権が相互不信を広げた

突然、柔和戦術に変更か?政権の意向だろうか?読売の言葉はもう素直に受け止められない。

毎日新聞・社説
甲子園で「交流試合」 仲間との思い刻む舞台に

Comments are closed.