ORIZUME - オリズメ

4129.報道比較2020.5.29

4129.報道比較2020.5.29 はコメントを受け付けていません

中国が香港への採択を当然のように可決。週末にアメリカが中国への対応を発表することになっている。政治の駆け引きと冷戦には辟易とするが、ビジネスとしては興味深い動きが始まるだろう。

Wall Street Journal
中国全人代、香港国家安全法の制定方針を採択 (2020.5.28)

香港の自治奪う中国、その限りなく大きな代償とは (2020.5.29)

トランプ大統領は香港問題で決断の時 (2020.5.28)

産経新聞・社説
「香港抑圧法」 G7は中国に撤回を迫れ 一国二制度の国際公約破るな

毎日新聞・社説
香港の国家安全法制 政治の自由奪う禁じ手だ

読売新聞・社説
香港国家安全法 一国二制度を踏みにじるのか

中国が香港への採択を当然のように可決。週末にアメリカが中国への対応を発表することになっている。香港のマーケットは、中国が支援するだろうが、自由を求めていた金融システムは撤退を加速するに違いない。マーケットは収縮する。じわじわと地を這うように下落トレンドに入るだろう。受け皿は、シンガポールか台湾。政治の駆け引きと冷戦には辟易とするが、ビジネスとしては興味深い動きが始まるだろう。
日本のセンスは政治も新聞も鈍感だ。まだ国賓として習氏を受け入れる気なら、アメリカからも非難されるのでは?台湾や香港を考えれば無神経だ。新聞の内容は過去の約束と形式的な批判に終始。当事者としての気持ちも、リスクを冷静に見る気もない。こうして鈍感さから信頼を失い、機会をロスする。最近の日本としては、いつものことだが。

朝日新聞・社説
コロナと難民 弱者を救う国際支援を

2次補正予算 問われるのは実行力だ

2日前に取り上げたから無視したのか、意味不明の朝日。どうしようもないセンスに落ちぶれはじめた。この感覚で政権批判しても誰も振り向かない。麻雀社員の発覚でさらに信頼が剥落した。衰退に向かうか。

毎日新聞・社説
「テラハ」出演者の急死 守る仕組みが不十分では

昨日の京アニ事件と同じ文脈。ワイドショーと同じ感覚か。やめてほしい。

読売新聞・社説
憲法審査会 緊急時に備えた建設的議論を

読売も政党支持率の世論調査をしたらどうだろう?いま憲法を語れる状況化はデータで判断した方がいいのでは?

Comments are closed.