ORIZUME - オリズメ

4121.報道比較2020.5.21

4121.報道比較2020.5.21 はコメントを受け付けていません。

トラブルは避けるだけではなくならない。動くべき時もある。

Wall Street Journal
コロナ対応検証のWHO決議、政治排除せよ (2020.5.20)

朝日新聞・社説
コロナと世界 共生を見据えた協調を

毎日新聞・社説
WHOのコロナ決議 米国の積極関与が必要だ

読売新聞・社説
国際防疫体制 台湾の知見を共有すべきだ

朝日と毎日は、事なかれ主義としてトラブルを拒絶しているなら間違いだ。テドロス氏の行動は明らかにおかしいし、台湾を排除する姿勢は脱退を考えるに値する。30日以内という期限を設定するあたり、むしろトランプ氏の仕事は時間を意識して適切だ。中国批判を大統領選挙への集票のテーマのひとつにしているのは事実だろう。だが、WHOの腐敗、テドロス氏の中国迎合はそれ以上だ。ウイルスはまだ制圧できていないのだから。

読売新聞・社説
一律10万円 給付の遅れを早急に改善せよ

オンライン申請の問題は内閣府と地方自治体の連携の悪さだ。周知の問題ではない。政府のリーダーとしての仕事が準備不足なのが理由だ。

朝日新聞・社説
部活の試練 喪失感を乗り越えて

産経新聞・社説
高校野球の中止 甲子園に代わる場検討を

毎日新聞・社説
夏の甲子園も中止 部活の成果発揮する場を

3紙もが同時に取り上げるほど共感するなら、無観客でも、別の形ででも何か場が作れることを願いたい。ただ、イベントは最大の感染源だ。人生は、ひと夏だけに賭けるものではないのも事実。感情的になるべきではない。

Comments are closed.