ORIZUME - オリズメ

4069.報道比較2020.4.2

4069.報道比較2020.4.2 はコメントを受け付けていません。

こういう時だからこそ求められる能力は確かにある。イノベーションは困難から生まれる。

Wall Street Journal
コロナが生み出す勝者と敗者、市場の分断鮮明に (2020.4.2)

コロナで需要増も苦戦、アマゾンの悩みとは (2020.4.1)

コロナで政治駆け引き、イタリア入りしたロシア部隊 (2020.4.1)

米病院、遠隔ICUで人材不足に対応 患者急増で (2020.3.31)

こういう時だからこそ求められる能力は確かにある。イノベーションは困難から生まれる。経済全体の縮小はあるだろうが、すべての仕事がなくなるわけではない。哀しんでいるだけだと、つけ込む人が近づいてくる。たしかに戦争に似ているな、と思う。何もかもが信じられず、利を得るために手段を選ばなくなる。誰もが追いつめられて余裕を失う。必要と思われるものが不足した時、冷静さを失って争いがはじまるだろう。必要とされる人になろう。余裕のある人でいよう。

毎日新聞・社説
大都市圏の休校措置 長期化見据えた対応策を

朝日新聞・社説
感染症と経済 前例なき事態に備えを

毎日新聞・社説
景況感大幅マイナス 対策が追い付いていない

読売新聞・社説
日銀3月短観 さらなる悪化に備えた対策を

今さらの印象。こうなることは判っていたのに大騒ぎしている。すでに需要は海外も含めて収縮している。政府としては唯一といえる成功のインバウンドが崩壊したのが何より痛いだろうが、本気で観光立国を目指すきっかけにすれば良いと思う。構造改革すると言ってここまで放置したからこうなっただけ。強靭になっている企業のインパクトは小さい。

読売新聞・社説
地方議員の確保 地域事情踏まえ手立て講じよ

なり手がいないから法を変えて規制を緩める?違うだろう。過疎化が進んでいるのだから、統廃合を進める方が先だ。余計な仕事を刷新して身軽になる発想は、やはり税を集める側にはないようだ。完全に間違っている。

朝日新聞・社説
性犯罪と処罰 許さぬ仕組みを社会で

3.23に書いたが、無罪判決を出した裁判官の感覚を論理的に是正していく必要がある。クビにしろとか、資格剥奪という攻撃ではなく、論理的に時代に合っていないのではないかという是正を行うべきだ。反論があるなら社会は聞く余裕を持つべきだろう。

Comments are closed.