ORIZUME - オリズメ

4067.報道比較2020.4.1

4067.報道比較2020.4.1 はコメントを受け付けていません。

アメリカが叩きのめされ、苦悩している。裏付けの少ない精神論をアメリカが説くのは…私が見たのは2001.9.11以来だろうか?

Wall Street Journal
新型コロナで経済停止、崩壊を回避する術とは (2020.3.31)

深刻なリセッション、どう回避するのか (2020.3.31)

米、新型コロナ感染者17.5万人を突破 (2020.4.1)

コロナ禍で米国は指導力発揮を (2020.3.31)

コロナ対策で独自路線、スウェーデンの賭け実るか (2020.4.1)

米、コロナ対策でマスク着用指針再考 欧州も着用の動き (2020.4.1)

アメリカが叩きのめされ、苦悩している。裏付けの少ない精神論をアメリカが説くのは…私が見たのは2001.9.11以来だろうか?今回、残念なほどアメリカは分裂している。中国と、中央政府と地方政府が、議員どおしに、世代の間に…Wall Street Journalの言うとおり、やがてアメリカは結束することを願っている。ただ、いつもよりは拙速力は弱く、故に成果も見込みより時間を要するのでは?と不安になる。他国のやることに学ぶ姿勢はすばらしいが、リーダーシップの下に意思決定が明確に進められていく光景が見えない。トランプ氏をリーダーとして認めない心理もわずかに漂う。

毎日新聞・社説
新型コロナの医療体制 感染爆発に備えた整備を

破綻しているとまではいかないが、私は日本だけが幸運なように感染を免れていることへの確証が得られない。調査の結果、感染が罰発しているという現実を見る方が、現実を見ないようにしているのか、未だ検査の体制さえつくれないのか不明だが感染者を把握できない方がずっとストレスだ。検査できない組織が治療や入院をホスト出来るとは思えないのだが。

朝日新聞・社説
五輪日程決定 「完全な形」に縛られず

読売新聞・社説
五輪日程決定 開幕までの時間を生かしたい

いま日程を決めたい思惑を持っていたのは誰?状況を考えれば、いま日程を決める無神経さはすぐに気づくはず。それでも決めたい人がいたのだろう。私は、急げば1年後に中止という最悪の事態が訪れると思う。

朝日新聞・社説
関電の新体制 経営刷新、果たせるか

毎日新聞・社説
滋賀患者死亡で再審無罪 自白依存の脱却が必要だ

読売新聞・社説
再審無罪 冤罪生んだ警察の「証拠隠し」

Comments are closed.