ORIZUME - オリズメ

4055.報道比較2020.3.20

4055.報道比較2020.3.20 はコメントを受け付けていません。

イタリアが悲惨だ。現地の情報、一読を奨める。日本にも同じことが起きる可能性はある。

Wall Street Journal
イタリアの死者数が中国上回る、新型コロナ感染 (2020.3.20)

イタリアの医療崩壊なぜ? 先進国への警鐘 (2020.3.19)

中国、新型コロナでイタリア支援 宣伝・外交の要素も (2020.3.19)

米コロナ感染者1万人突破、国民に渡航中止を勧告 (2020.3.20)

米コロナ休校、デジタル格差浮き彫り (2020.3.19)

混乱の金融市場 「頼りは現金」の新局面 (2020.3.19)

米で多額預金引き出しの動き、一部支店で現金不足も (2020.3.19)

ドルにすがる世界の投資家、他の資産には売り殺到 (2020.3.20)

米雇用ショックの幕開け (2020.3.20)

産経新聞・社説
経済対策 大胆で効果的な手を打て

毎日新聞・社説
新型コロナの拡大防止 瀬戸際は今も続いている

読売新聞・社説
公文書管理 感染抑止の過程を歴史に残せ

イタリアが悲惨だ。ぜひ一読すべきだ。日本にも同じことが起きる可能性を想定した方がいい。恐怖する必要はないが、悲観の対策はいる。医療が破綻する可能性は、ただでさえ医療従事者の労働時間や入院患者の扱いで問題が増えている日本なら、わずかのインパクトで顕在化するだろう。アメリカも、いまよりひどい事態を想定しはじめている。日本も緊張感は持ちつづけた方がいい。
経済は、さらに見えないが、私はバラマキでインフレの種を蒔いていないのかが気になる。いまのマーケットはキャッシュ、しかもドルしか求めていない。アメリカ国債さえ値を下げているのに、さらに国債を?利下げが効かない現状で考えることなのだろうか?

朝日新聞・社説
森友問題 真実知りたいに応えよ

毎日新聞・社説
「森友」で遺族が提訴 佐川氏は真実を語る時だ

新聞は、なぜ原告の最初のコンタクトが週刊誌だったのかを恥じるべきだ。まったく仕事をしていない自らの半生を語ってから主張すべきだろう。終わったことにしようとする産経と読売は、とぼけている安倍氏、麻生氏と同罪と見ていい。やめられるなら日本人をやめたいと思う。怒りでいっぱいだ。

産経新聞・社説
虐待死の父に判決 無念さ忘れず悲劇なくせ

読売新聞・社説
野田虐待死判決 際立った悪質性を重くみた

判決もいいが、行政の問題というなら担当大臣は誰だ?追求したらどうだ?児童相談所に丸投げが間違っている。

朝日新聞・社説
震災の遺構 二つの思いの葛藤抱え

Comments are closed.