ORIZUME - オリズメ

4053.報道比較2020.3.18

4053.報道比較2020.3.18 はコメントを受け付けていません。

新型肺炎の騒ぎが地球を一巡して、中国と韓国が評価される状況になりつつある。

Wall Street Journal
新型コロナの新たな安全地帯:中国 (2020.3.17)

韓国の新型コロナ検査、実施規模が世界最大の訳は (2020.3.17)

コロナ危機に自ら対処する米国人 政府頼れず (2020.3.17)

トランプ政権、国民に現金給付計画 (2020.3.18)

新型コロナ治療薬の開発、血液検体の不足が壁に (2020.3.18)

産経新聞・社説
感染拡大と五輪 完全な大会へ延期準備を

毎日新聞・社説
一斉休校の長期化 再開への目安を具体的に

G7首脳がコロナ協議 個別対策と協調の両立を

読売新聞・社説
G7首脳会議 感染拡大の阻止へ指導力示せ

新型肺炎の騒ぎが地球を一巡して、中国と韓国が評価される状況になりつつある。アメリカ政府のやっていることは奇妙だ。カネを配るくらいなら検査や対策にカネを使った方がいいのは確実で、トランプ氏の興味が国民の健康より株価にあることが見える。日本も休校よりはオリンピックを気にしているが、安心できない国には、どれだけ延期しても人は来ない。ならばやることは少しでも早く健康な環境を取り戻すこと。検査を遠ざけている場合ではない。

朝日新聞・社説
関電の経営陣 統治の根幹が問われる

読売新聞・社説
関電外部調査 内向きの企業体質を改めよ

新型肺炎で埋もれさせてはならない話題。営業停止に値するレベル。私が社員なら脱出する。電力自由化をうまく使って意思を示した方がいい。

朝日新聞・社説
春闘回答 賃上げの流れ絶やすな

Comments are closed.