ORIZUME - オリズメ

4044.報道比較2020.3.10

4044.報道比較2020.3.10 はコメントを受け付けていません。

膨張した中央銀行を止めるのは自らの失策かと思っていたが、人の経済活動へのリスク要因は他にいくらでもあることを思い知った。最長の株高はウィルスに敗れた。

Wall Street Journal
NYダウ2013ドル安、過去最大の下げ幅 (2020.3.10)

新型ウイルス流行、パンデミックに近づく=WHO (2020.3.10)

産経新聞・社説
大荒れの金融市場 動揺阻止へ首脳が結束を

毎日新聞・社説
急速な株安・円高 不安鎮める対策が急務だ

読売新聞・社説
円高・株急落 経済悪化を最小限にとどめよ

朝日新聞・社説
新型コロナ対応 検証に堪える記録残せ

毎日新聞・社説
新型コロナの政府対応 首相は科学的分析尊重を

久しぶりにアメリカのマーケットでサーキット・ブレーカーという言葉を聞いた。膨張した中央銀行を止めるのは自らの失策かと思っていたが、人の経済活動へのリスク要因は他にいくらでもあることを思い知った。最長の株高はウィルスに敗れた。地球温暖化にも移民にも高圧的だったトランプ氏も、新型肺炎の恐怖にはおとなしい。関税よりもずっと大きなインパクトを2か月で世界中に蔓延させたウィルス。そろそろ世界が結束すべき時では?今なら、まだ就任時の株価より上にいる。貯金を使い果たす失政はしない方がいい。
マーケットがクラッシュを演じた理由は原油安。日本の新聞はその感覚さえ失っている。パニックにでも陥っているのだろうか?これからはじまるリセッションの準備不足は明らかだ。ということは、日本経済は想定以上に壊れる。

朝日新聞・社説
消費者訴訟 この一歩から着実に

読売が3.7には取り上げていた話題だと思うが、消費者訴訟という言葉は誤解を生まないか?受験に関する差別的評価が問題の中心であって、消費者という視点での裁判は、手段がなかったからに過ぎない。ミスリードされるタイトルには違和感がある。
前回も書いたが、賠償の問題で済む話ではない。なるべく長期に似た発想で受験を運営していた大学も徹底的に明らかにすべきだ。

産経新聞・社説
東京大空襲75年 追悼と備えの心を新たに

読売新聞・社説
双葉町避難解除 復興の足がかりを築きたい

政府迎合を後悔しながらも、やめるにやめられない産経と読売。戦時中と同じ過ちを認めたらどうだろう?

Comments are closed.