ORIZUME - オリズメ

4027.報道比較2020.2.22

4027.報道比較2020.2.22 はコメントを受け付けていません。

惨事が起きるたびに、日本のバケの皮がはがれていく。誠実に「やりなおしましょう」と言える人に、次のリーダーをやってほしい。

Wall Street Journal
米帰還者を隔離、WSJ記者が体験した新型コロナ検疫 (2020.2.21)

朝日新聞・社説
感染症と社会 判断支える情報もっと

産経新聞・社説
国内流行への備え 地域の病床確保が急務だ

毎日新聞・社説
新型肺炎で広がる自粛 暮らしへの影響最小限に

日本は政府もメディアもまるで仕事になっていない。新型肺炎だけではない、いつものことだ。信じて待つだけ時間の無駄だ。Wall Street Journalが報じている検疫を見れば、日本の粗雑さがすぐに判る。下船した人たち自身が「陰性というだけで下りていいのか?」と不思議がり、現場にいた公務員が検査も受けずに仕事に戻る。口先では「先手、先手」で、お願いすることはぼんやりと指針にさえならない。なぜぼやかすのか?後でクレームが着くのが恐いからに過ぎない。専門家を集めているんじゃないのか?あなたたちがルールを作る人たちじゃないのか?そういう怒りは、数年前に冷めた。信じるだけ無駄だと判るほど、捏造と茶番で動いている人たちだ。残念だが、公務員は当分、今のままだろうし、違う政権になった時は嘘は消えても虚勢は残るだろう。本当に仕事ができる人か、本当に仕事のために動く人かを、肩書きや過去を横に置いて、冷静に見ることにしている。失礼なのは承知だ。私がそう見られても構わない。それくらい今の日本は劣化した。惨事が起きるたびに、日本のバケの皮がはがれていく。誠実に「やりなおしましょう」と言える人に、次のリーダーをやってほしい。

朝日新聞・社説
製鉄所閉鎖 雇用への目配り怠るな

5日前に毎日が取り上げた話題。朝日としては平日に語る優先度ではなかったということか?感覚は理解できる。雇用と工場跡地…ここに官民という言葉を朝日が使うのは、政権批判をする割に国家主義という違和感を感じる。雇用のために赤字で工場が稼働するはずもなく、地域のために企業が赤字を出していいはずがない。しかも、そこに官民という行政の介入を考えるのもおかしいと思う。

毎日新聞・社説
楽天の送料無料化 出店者負担が重過ぎぬか

楽天が送料払えばいいだけじゃないか?

読売新聞・社説
「5G」通信網 欧州は安全性の監視を怠るな

無断キャンセル 無責任がもたらす大きな損害

新型肺炎から逃げる読売。5Gと飲食店の無断キャンセル…どういう感覚なのか理解できない。

Comments are closed.