ORIZUME - オリズメ

4008.報道比較2020.2.3

4008.報道比較2020.2.3 はコメントを受け付けていません

凪いだ週末。少しずつ春の雰囲気が漂いはじめた。変化に敏感でいたい。

Wall Street Journal
グーグルの巨大オフィス、地元共存に道開けるか (2020.1.31)

写真を見て、数年以内に見た印象のある景色だと思った。サンノゼの町外れにありそうな風景。断片的に報じるとシリコンバレーという言葉のきらめきに比べて廃退を感じるかもしれないが、アメリカの片隅には必ず見かけそうな空き家や人気のない場所という程度。スラムやホームレスが集まる場所ではない。貧富格差による貧困はサンフランシスコの方がずっと痛々しい。個人的に移住を考える時にも、サンノゼはコストの低さからいつも検討に上がる。仕事もある。グーグルの進出によって居場所がなくなると感じる人たちの不安は、半分は確実に現実になると思う。それはIT企業の努力不足だけではないと思うが、社会が受け入れるべき不可抗力とも違う。ITのニーズが減ることはないが、ストック・オプションによる報酬の高騰は、次のリセッションで少しは是正されるだろう。稼ぎを得る側に回りたければ、ITは想像以上に敷居が低い。誰にとっても、いつでもはじめられるスキルだ。工場や研究所をつくるようなビジネスよりは、ITはずっと環境や街へのインパクトが小さい。他の街も、受け入れを目指す方がポジティブだ。

毎日新聞・社説
福島原発の処理水処分 地元との対話が不可欠だ

2.1の朝日につづいた毎日。対話の必要性は以前から判っていた。朝日と同様、動向を行政の動きに合わせているマスメディアの姿勢こそが、対話の促進を邪魔しているとは言えないか?

産経新聞・社説
ふるさと納税訴訟 よりよい地方創生目指せ

読売新聞・社説
ふるさと納税 制度の原点を再確認したい

3日前に毎日が、昨日に朝日が取り上げたふるさと納税。産経と読売もコピペのような同じ内容。遅れた理由が判らない。

朝日新聞・社説
相次ぐ水害と減災 逆らわず、いなす力を高める

毎日新聞・社説
戦争遺跡の保存 惨禍伝える方策探りたい

読売新聞・社説
男性の育児休業 企業の意識改革が欠かせない

Comments are closed.