ORIZUME - オリズメ

4000.報道比較2020.1.26

4000.報道比較2020.1.26 はコメントを受け付けていません

小さいところの時価総額が、大規模なマーケット・シェアより注目を集めているEV業界。大手でテスラを脅かすプレーヤーが出てくればおもしろく、消費者もおそらく待っている。

Wall Street Journal
独高級車メーカーが苦戦、時代の変化に追いつけず (2020.1.23)

テスラ、本当にVWより「大きい」のか (2020.1.27)

テスラの株価が目を引くほど上がっているからだろう、自動車業界の話題が多い。しかも、小さいところの時価総額が、大規模なマーケット・シェアより注目を集めている。EVへの胎動は確実に以前より上がっている。その期待をテスラひとつが担っている印象。大手でテスラを脅かすプレーヤーが出てくればおもしろく、消費者もおそらく待っている。フォルクスワーゲンに期待して待てるだろうか?中国の自動車会社にもチャンスのあるマーケットなのだが、まだ具体的な名前を記憶に残るほど聞いたことはない。日本のメーカーにも期待しているのだが…

毎日新聞・社説
抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

財政試算の悪化 甘い想定を改めるべきだ

どちらも興味深い話。抗生剤の方が目を引くのは、新型肺炎の話題が上がっているからだろうか?今日のセンスでは他紙の追随を許さないほど抜きんでている。短いがツボを押さえたすばらしい内容。2本とも高品質なのは珍しい。継続を期待したい。

読売新聞・社説
1人1台PC 投資に見合う教育効果あるか

共産党綱領改定 世論との乖離は埋まらない

バラマキには政府の肩を持つように手放しで応援していた読売が、今日は苦言。しかもPCという必要性も十分なものが。一時よりPCは進化ペースも堕ちたため、学校なら陳腐化の恐れは以前より小さい。何に読売が心配しているかと言えば、教員のスキル。老害?英語や音楽のように専門教員を作ればいいのでは?

朝日新聞・社説
サイバー攻撃 情報共有で対策を急げ

Comments are closed.