ORIZUME - オリズメ

142.「自分になる」ということは?

0

高校をサボり、家でお昼のワイドショー「3時にあいましょう」を見ていたあの日。突然司会の野村泰治氏が『元ビートルズのジョン・レノンさんが……』と言い出した。
その瞬間「また大麻か何かで捕まったのか?」と思った。なぜそう思ったのかは分からない。もしかするとその年の1月に、ポール・マッカートニーが成田空港の税関で大麻不法所持で捕まっていたからかも。しかし、続く言葉はそうではなかった。

『射殺されました』

ビートルズの大ファンであった(今でも)私はその時、“誤報”だろうと思い、その後1週間くらいは彼の死を信じていなかった。

当時はどちらかというとポールが好きだったのだが、年を重ねるにつれジョンの曲が好きになっていった。
シンプルなメロディライン。そして何よりもあの“切なさ”が心の奥にまで染み込んでくる。実はビートルズ時代から彼の曲は“切ない”ものが多かった。
年を取るとその“切なさ”が理解できるようになったのかもしれない。
今年はあの事件からちょうど30年。もう、30年かぁ。いろいろあったような、なかったような……。何してたんだろう?
「誰かになる必要はない。自分になればいい」
彼はそう言っていたように思う。果たして私は自分になれているのだろうか?
改めて彼の曲を聴きながら考えてみよう。

Comments are closed.