ORIZUME - オリズメ

3980.報道比較2020.1.6

3980.報道比較2020.1.6 はコメントを受け付けていません。

理不尽な空爆の後、まだ次の衝突には至っていない。まだ世界のマーケットが開いていないため、マーケットが今回の衝突をどう捉えているかは判らないが、この雰囲気では平静を装う気がする。

Wall Street Journal
イラン司令官殺害、原油高・株安招く 安全資産は上昇 (2020.1.3)

朝日新聞・社説
米イラン緊迫 報復の連鎖を避けよ

理不尽な空爆の後、まだ次の衝突には至っていない。まだ世界のマーケットが開いていないため、マーケットが今回の衝突をどう捉えているかは判らないが、この雰囲気では平静を装う気がする。
日本の新聞で取り上げたのは朝日のみ。まだ他紙は寝言を言っている。日本政府は今回の空爆計画を知っていただろうか?知らなかったなら、アメリカとの信頼関係は機能していない。知っていたのなら、その上で自衛隊を派遣したことになる。安倍氏ならやりかねない。私は後者の確率が高いと見ている。

朝日新聞・社説
大学入試英語 失敗繰り返さぬために

昨年、もっとも注目を集めた政府の失態のひとつ。高齢者はかんぽ生命の方が気になるかもしれないが、入試改革にここまで無様に失敗して、その根源が政治主導と言われたら、通常は政治は抜本改革、大臣交代くらいあって当然なのだが、政府は無視のまま、メディアでの批判も起きていない。もっと怒ってもいいはずだが、怒りさえ見えてこない。不思議だ。

産経新聞・社説
科学技術立国 人を育てる政策を掲げよ 成果偏重が「失速」を招いた

毎日新聞・社説
拓論’20 人口減少と地方 恐れず現実と向き合おう

読売新聞・社説
社会保障と財政 制度の安心と信頼を取り戻せ

産経に変容?今日も昨日につづいて政府の密室での動きを批判。安倍政権を手放しに称賛していた昨年から一変した。産経がこだわっていた各種の安倍政権との接点にこれからも変化が起きるのか、興味深い。毎日と読売は、まだ寝ている。難しいことを考えたつもりでも、机上どころか夢想しているだけ。無意味だ。

Comments are closed.