ORIZUME - オリズメ

3979.報道比較2020.1.5

3979.報道比較2020.1.5 はコメントを受け付けていません。

トランプ氏は、なぜこのタイミングで自ら導火線に火をつけたのか?

Wall Street Journal
イラン司令官殺害、中東情勢の混迷に拍車 (2020.1.4)

トランプ氏は、なぜこのタイミングで自ら導火線に火をつけたのか?戦争嫌いで、選挙対策の軍事行動を嘲る彼が、なぜ?不思議だ。

朝日新聞・社説
民主主義の分岐点 ポスト「安倍政治」を見据え

産経新聞・社説
エネルギー 安定供給を改革の原点に 多様な電源構成で基盤強めよ

毎日新聞・社説
ゴーン被告の国外逃亡 司法の基盤揺らぐ事態だ

毎日新聞・社説
挑発強める北朝鮮 非核化の後戻り許されぬ

読売新聞・社説
ゴーン被告の国外逃亡 司法の基盤揺らぐ事態だ

読売新聞・社説
大阪都構想 住民の判断材料を明確にせよ

まだ寝言ばかりの国内紙だが、産経の社説が注目に値する言動を見せた。原発に固執していた産経が、原発の衰退論と、再生エネルギーへの理解、自由化を許容している。過去の産経を思えば、かなりの変化。産経がこの主張を維持するか、注目したい。
毎日含め、日本の新聞は個人の自由よりは使えない政治家が決めた法を守れという価値観らしい。やはり国内紙を捨てて海外紙を読む方がしあわせには近づくだろう。ようやくゴーン氏の話題を取り上げた程度で、イランの文字はどこにもない。国内紙のペースで仕事をしていたら職を失うのは確実だ。

Comments are closed.