ORIZUME - オリズメ

3973.報道比較2019.12.30

3973.報道比較2019.12.30 はコメントを受け付けていません。

年末まで劣化の目立つ日本。海外紙から、日産の話題を。

Wall Street Journal
ゴーンなき日産・ルノー連合、深まる亀裂 (2019.12.26)

日産の話題をまともに語れた日本の新聞はひとつもなかった。伊藤詩織氏の件も同様。日本の新聞は情報源に値しないばかりか、本質に踏み込む努力さえしなくなった。与えられる情報を発するだけの不要な存在になった。
日産とルノーの未来は、誰が見ても暗い。なぜゴーン氏があの時期に、奇妙な立場に追いやられたのかは未だに見えないが、日産もルノーも、今のままでは10年後にはこの世になくなっているだろう。フランス国民にとってルノーがどんな存在かは微かに知っているが、日本にとって日産はもはや失うことに痛みを感じないものになりつつある。この問題は、やがてゴーン氏というリーダーの運命だけに話題が変わっていくだろう。壊すのはたやすい。投げ出すのも容易だ。作ること、維持することは本当に難しい。

朝日新聞・社説
安倍政権2019年 有権者がみくびられている

批判は正論ばかりなのだが、房総を許してるもっとも大きな原因は報道のレベルダウンだ。朝日自身がそれをどれだけ認識しているだろう?自らが反省しなければ何も変わらないのは、安倍政権も朝日新聞も同じだ。

産経新聞・社説
回顧2019 令和日本が歩み出した 政治は行動力を示すときだ

戦時中か?どこまで産経はカルトが進むのか。破滅している。

毎日新聞・社説
診療報酬の改定 人件費は「聖域」ではない

私は日本の医療はやがて海外に流出し、外資にやられると見ている。すでにその兆候は自由診療に出ている。サービス・レベルが低いからだ。経済活動から、教育も、司法も、どんどん侵食されている。それは日本のレベルが低いからという解に尽きる。本気で挑むなら保身は成立しない。余命は短いだろう。

読売新聞・社説
養育費見直し 不払いを許さぬ対策も必要だ

毎日新聞・社説
スポーツボランティア 地域社会を支える喜びに

Comments are closed.