ORIZUME - オリズメ

3942.報道比較2019.11.30

3942.報道比較2019.11.30 はコメントを受け付けていません。

トランプ氏は夢のような雇用環境を4年でどうやってつくったのだろう?彼を批判する前に研究すべきだ。

Wall Street Journal
米雇用市場の逼迫、トランプ氏再選の助けになるか (2019.11.29)

なぜここまで夢のような環境をアメリカは創出できたのだろう?トランプ氏の功績なら、本当に大きい。仕事があるからいつでも辞められる、企業は人がやめられると探すのに困るから賃上げする、それでもインフレ率は上昇していない。これが新産業にだけ起きているなら判るが、むしろ労働者と呼ばれる業種に起きている。まさに夢の世界だ。トランプ氏を批判する前に、この雇用環境を4年でどうやってつくったのかを研究すべきだ。彼をやめさせたいなら、彼の功績を学んでからでも遅くはない。

朝日新聞・社説
桜を見る会 公文書管理 教訓どこへ

真面目に受け止めている朝日が間抜けに見える。あるに決まっているのだから出させればいい。デジタル・データは容易に復元可能だ。また、この程度の法は政治資金や政党交付金より先に設定されるべきだろう。なんの法もないことが間違っている。
一方で、この程度の情報管理にさえ逃げようとする安倍政権を平然と笑い飛ばすチャンスでもある。こんな情報管理者に私は国家を委ねる気も、自分の財産を委ねる気もない。何のためにこの議論をしているのかを野党含めて考えるべきだ。安倍氏を辞めさせたいのか?安倍氏を罪人にしたいのか?ゴールは何だ?

毎日新聞・社説
初の日印2プラス2 地域の安定促す枠組みに

元々、中国を包囲するためにはじめた取り組みのはずだが、毎日は今さら何を言っているのか?

産経新聞・社説
中曽根元首相死去 指導力発揮の政治貫いた

毎日新聞・社説
中曽根元首相が死去 戦後政治の針路を変えた

読売新聞・社説
中曽根氏死去 戦後史に刻む「大統領的」首相

朝日新聞・社説
暴力団員射殺 抗争激化をくい止めよ

産経新聞・社説
パワハラ指針 職場の共通認識を育てよ

読売新聞・社説
再犯防止対策 出所後も切れ目ない支援を

Comments are closed.