ORIZUME - オリズメ

3912.報道比較2019.11.1

3912.報道比較2019.11.1 はコメントを受け付けていません。

儚く、哀しい光景だった。また再建にむけて力を合わせることになる。断絶していた沖縄と本土の関係が、こんな事件でもなければ団結できないのなら、それはさらに哀しい。

朝日新聞・社説
閣僚連続辞任 長期政権の緩み極まる

産経新聞・社説
河井法相の辞任 「政権の危機」を自覚せよ

毎日新聞・社説
河井法相も辞任 安倍内閣の劣化は深刻だ

読売新聞・社説
法相辞任 緩み排し政策遂行にあたれ

国内紙が揃って取り上げた法務大臣の辞任。また菅氏の人脈からというのは偶然だろうか?

朝日新聞・社説
首里城全焼 失った宝の大きさよ

産経新聞・社説
首里城炎上 沖縄に心寄せ再建しよう

毎日新聞・社説
首里城の全焼 「沖縄の心」喪失を悲しむ

儚く、哀しい光景だった。また再建にむけて力を合わせることになる。断絶していた沖縄と本土の関係が、こんな事件でもなければ団結できないのなら、それはさらに哀しい。

Wall Street Journal
米貿易政策にアダム・スミスの仕返し (2019.10.31)

トランプ減税効果は目標未達、民主党に追い風 (2019.10.31)

トランプ氏の行政が論理的に批判されはじめた。しかも、もっともインパクトの大きい経済領域で。貿易戦争が大きく足を引っ張っているのは確実で、初期の目玉だった減税の効果を無にしてしまった。もし、中国との対立を先に唱えていればつじつまが合っていたのだろうが、思い付きのような施政は支持を得にくくなっている。あと1年。まだトランプ氏には多くの時間が残っているが…

読売新聞・社説
日米金融政策 低金利の弊害にも目を向けよ

Comments are closed.