ORIZUME - オリズメ

3875.報道比較2019.9.26

3875.報道比較2019.9.26 はコメントを受け付けていません。

弾劾騒ぎがアメリカではじまった。盛り上がらない大統領になりそうだ。

Wall Street Journal
トランプ大統領の弾劾調査、民主党にもリスク (2019.9.25)

トランプ氏の弾劾調査、完全に党派的 (2019.9.25)

Wall Street Journal の言うとおり、誰も喜ばない、まったく効果的と思えない手法を民主党が突如はじめた。選挙はギリギリまでわからないものだが、民主党がトランプ氏を引きずり下ろすためか、バイデン氏を守るためか⋯どちらにしても醜い潰し合いをスタートした。聞きたくもない話が、また断絶を拡げることになる。アメリカにとって最悪だ。

Wall Street Journal
ウィーワーク創業者辞任、負の遺産そのまま (2019.9.25)

昨日のCEO辞任を受けて、冷静なWall Street JournalのWeWorkへのコメント。私も同意見。WeWorkの問題はビジネス・モデルにある。CEOの資質以上に。

朝日新聞・社説
自民の新体制 改憲ありきは許されぬ

被災住宅支援 根本から見直す機会に

どちらも考えたいテーマなのだが、ただの批判にしか感じられないのはなぜなのだろう?朝日の表現には険悪な攻撃が前面に出過ぎている。せっかくの指摘の価値が半減する。

産経新聞・社説
気候サミット 情緒排して着実な削減を

毎日新聞・社説
上昇し続ける海面 日本もひとごとではない

昨日につづいて気候変動の話題を選んだ産経と毎日。産経は昨日スルーしていたが、そのままスルーしてほしかった。自説の原発と石炭火力維持とは、前時代的だ。こんな主張なら外国に見られたくない。毎日のレベルも低い。いま日本で起きている暴風雨、台風、竜巻は、ほぼ温暖化と関連しているのは確実。水面が上がる話だけで住むとは思えないのだが。

産経新聞・社説
国連の首脳外交 イランは核合意にもどれ

毎日新聞・社説
英首相への「違法」判決 議会との対話が不可欠だ

読売新聞・社説
イラン情勢 緊張緩和へ対話の糸口を探れ

国際協調の衰退 トランプ流の拡散を懸念する

Comments are closed.