ORIZUME - オリズメ

3872.報道比較2019.9.23

3872.報道比較2019.9.23 はコメントを受け付けていません。

UBERは上場値を越えられないが、WeWorkは上場さえできない。WeWorkにはアメリカのマーケットがバブルであると呼ばれるに値する宴の後の臭いがする。

Wall Street Journal
ウィーワークの一部取締役、ニューマンCEOの退任要求へ (2019.9.23)

ウィーワーク創業者、「型破り」な手腕の功罪 (2019.9.20)

AppleやAmazon、GoogleからTeslaへ。そしてFacebook。その後、UBERあたりからシリコンバレーの神話は崩れはじめた。WeWorkの上場を待っている外国人投資家はいない。UBERは上場値を越えられないが、WeWorkは上場さえできない。WeWorkはシリコンバレーのサクセスストーリーではないが、アメリカのマーケットがバブルであると呼ばれるに値する宴の後の臭いがする。孫氏は、なぜかこのビジネスモデルをITとして評価し、火に油を注ぐような投資を行った。サウジのカネを使ったなら、背筋が凍る。ソフトバンクにもバブルとの評価が転移しないといいが。

朝日新聞・社説
幼保無償化 待機の解消こそ本丸だ

五輪と酷暑 大胆発想で対策を練れ

読売新聞・社説
米軍駐留経費 適切な分担へ冷静な協議を

毎日新聞・社説
ゲノム編集食品 消費者が選べるルールに

政治や意味不明な政府の仕事の追っかけよりは充実した内容。連休効果だろう。だが、どれもゆるい。情報も考察も浅い。本気で考えているわけではないのだろう。老いたな、新聞は。

毎日新聞・社説
終末期の延命治療 意思を伝えておく大切さ

読売新聞・社説
城の再建 幅広い理解得て地域の誇りに

連休の終わりらしいゆるいトピック。当事者には無視できない話も多いと思うが、盛り上がらないのは多くの人を巻き込めないことではないか。話をもっとシンプルにした方が、誰にとっても近づきやすくなる。そういう役割を担うのがメディアのはずだが、今の日本のメディアは公務員のように、簡単なことをわざと難しく説明して自らの立場を守りたい人たちばかりになったようだ。

Comments are closed.