ORIZUME - オリズメ

3857.報道比較2019.9.8

3857.報道比較2019.9.8 はコメントを受け付けていません。

日本のカジノよりも健康的でオープンに議論が進むアメリカの大麻合法化。陰湿なだけで話が進まない日本の議論を見ていると哀しくなる。そして不幸が蔓延するのもまた日本のやり方というのが…

Wall Street Journal
大麻観光ブームの米国、空港は法的グレーゾーン (2016.9.6)

なぜか日本のカジノよりも健康的でオープンに議論が進むアメリカの大麻合法化。合法になる州が増え、連邦政府が検討する日も遠くはない印象も受ける。大麻で州も国家も法の解釈をめぐって税を稼いでいると聞く。そのあたりの健かさは日本にはないだろうが、陰湿なだけで話が進まないカジノ議論を見ていると哀しくなる。そして不幸が蔓延するのもまた、日本のやり方というのが…

朝日新聞・社説
巨大IT規制 独禁法での議論深めよ

朝日の言う巨大ITは、リクルートやツタヤ程度の大きさなのだろうか?外資系を管理できるだけの能力はもはや国内にはないという諦めか?ずいぶん話が小さい。

産経新聞・社説
朝鮮日報の社説 日本語版への掲載再開を

豚コレラ発生1年 官邸主導で感染拡大防げ

自紙の価値観にだけ特化した社説。危険だ。

毎日新聞・社説
「辺野古」有識者会議 お手盛りでは意味がない

英首相の政治姿勢 代議制を揺るがす強引さ

英国議会へのには何の意味があるのか不明だが、辺野古への指摘は適切。ごまかしの手法だけで長期政権を維持してきた安倍政権への批判としては論理的。課題はここからどれだけ社会の意見を集約して政治を動かせるかだが、このあたりの能力がメディアから完全に喪失しているのが残念だ。政治に恐怖心を抱かせるだけの戦略家体制が望まれる。

読売新聞・社説
博物館の将来 活性化への好循環つくりたい

高齢ドライバー 安全機能の活用で事故防ごう

相変わらず政府の広報紙と化している読売。話題が政府の話題ばかりになってきた。

Comments are closed.