ORIZUME - オリズメ

3843.報道比較2019.8.25

3843.報道比較2019.8.25 はコメントを受け付けていません。

米中の経済戦争は、マーケットが冷静さを失うレベルになってきた。危うい。

Wall Street Journal
対中関税最大30%に引き上げへ トランプ氏表明 (2016.8.24)

中国、米に追加関税750億ドル分 報復合戦に拍車 (2016.8.23)

泥仕合だ。日韓問題よりも感情的に見えてきたが、中国は確実にコントロールしている。アメリカのゴールが見えない。トランプ氏が感情的に振る舞う時は、いつも目的がある。世界経済を犠牲にしてまで達成したいゴールが見えなくなってきている。マーケットが冷静さを失うレベルになってきた。

毎日新聞・社説
米露のミサイル開発 東アジアの安定を損なう

予定どおりに世界が悪い方に向かっている。トランプ氏は軍事産業の機嫌を気にしないところが気に入っていたのだが翻意したのだろうか?

朝日新聞・社説
ロボット兵器 法規制に向けて議論を

昨日、毎日が取り上げ、他紙もずっと取り上げていた話題だが、今日の朝日の品質が最も低い。恐怖心だけを煽り、技術や倫理を議論して結論を見出そうとしているのに混乱を助長しているだけ。人類の知恵が試されている?朝日のような感情だけで混乱を助長する無能な発想が議論を阻害しているのだ。報道なのだから、知らないことなら調べてほしい。推測だけで批判しないでほしい。

読売新聞・社説
気象データ 産業利用の裾野を広げたい

科学で探る先史 日本人の起源を解明できるか

週末らしい?夏休み明けの弛緩を感じる、考察レベルの低い話題が2つ。視点はふたつとも興味深いが、調査レベルが浅い。夏休みの自由研究で子どもがよく指摘されるレベルのミスだ。

Comments are closed.