ORIZUME - オリズメ

3801.報道比較2019.7.14

3801.報道比較2019.7.14 はコメントを受け付けていません。

選挙への論戦期待も、もうネタが尽きたのだろう。新聞の話題が意味不明になってきた。

Wall Street Journal
フォードとVWの提携、ルノー・日産の失敗を教訓に (2019.7.13)

賢者は失敗から学ぶ。大きい組織だから動きが鈍いというのは言い訳だと、フォードとフォルクスワーゲンの話を見れば判る。日産は自らがなぜ資本提携に至ったのかを改めて振り返るべきだ。抵抗だけでは何も生まれない。

朝日新聞・社説
参院選 原発政策 現実とのズレ直視を

毎日新聞・社説
19年参院選 就労外国人 隣人としてどう向き合う

ホルムズの有志連合 大義があるのか見極めを

読売新聞・社説
外交政策 世界の混迷にどう対応するか

選挙への論戦期待も、もうネタが尽きたのだろう。新聞の話題が意味不明になってきた。原因は、野党にまったく力が感じられないからだろう。朝日と毎日は政府の批判ばかりだが、野党に対案を求められない。読売は意図的なのか、選挙とは言わないが、選挙への期待を匂わせるような表現を使う。もちろん政府と自民党の応援という前提で。だが、野党には訊くまでもないレベルなのは国民も判っている。イヤな環境での選挙だ。

産経新聞・社説
聖火リレー 日本の強さを発信しよう

人口減少の加速 発想の転換で国難克服を

読売新聞・社説
文化芸術 人をつなぐ力を生かしたい

政府を応援する産経と読売は、国家主義の発想を押し進める。おかげで私はますます日本を愛しにくくなる。

Comments are closed.