ORIZUME - オリズメ

3800.報道比較2019.7.13

3800.報道比較2019.7.13 はコメントを受け付けていません。

選挙前の週末。各紙、定期購読者向けのスタンス?露骨に自己中心的な行動に。

Wall Street Journal
フェイスブック「リブラ」に深刻な懸念=FRB議長 (2016.7.12)

私は同時に話題になっている利下げ観測より、FacebookのリブラにFRBがコメントした方が興味深かった。私はメディアどころか、銀行でさえ、企業が発行するという通貨にさえ手を出したくない。国家の通貨さえ仕方なく使っているのだから。Facebokが次のビジネスを目論んで仮想通貨と言い出したのは驚きもなかった。どこかがやると思っていたが、IT企業がやるなら欲の強い会社か、未来が見えなくなった会社だろうと思っていたが…やはり。FRBが話題した方が、仮想通貨業界にとってはポジティブなはず。少しでも騒いでくれる方が、信頼度は向上するのだから。パウエル氏は意図的にリブラを語ったのだろうか?パウエル氏のコメントは、規制条件を満たすならやってもいい…とも聞こえるのだが。

朝日新聞・社説
参院選 公文書 信頼取り戻すために

この話を、ずっと言いつづけていれば、状況は変わっていただろう。あきらめ、疲れ、手を抜いた。朝日の報道の姿勢は残念だ。今さら…である。

毎日新聞・社説
19年参院選 農業政策 再生の道筋示せているか

自紙の政治スタンスを強く見せない毎日らしく、利害の内話をしているが、いつもの表層的な内容のみ。トランプ氏の言動に惑わされるなら、アメリカで取材することも可能だと思うが、そこまでの労力は割かない。もう一つの社説は自紙が主催の野球。こういうことをしていたら、誰も信じないのは当然だ。

読売新聞・社説
子育て支援 保育の受け皿どう確保するか

外国人労働者 社会への適応支援が急務だ

政府がしてきた実績を称賛するかのような社説が2本。週末の社説は定期購読者向け。朝日が政府批判をするように、ファンに向けて読売は自民党応援型の社説になるのだろう。文中に不満を蒸し返さないようにかなり細部まで計算されている。露骨だ。

朝日新聞・社説
かんぽ生命 顧客への重大な背信だ

昨日の毎日、読売の後追い。朝日が読売のように遅れるのが定例になってきた。どこの新聞も真面目に仕事をしていない。

Comments are closed.