ORIZUME - オリズメ

3794.報道比較2019.7.7

3794.報道比較2019.7.7 はコメントを受け付けていません。

凪いだ週末。選挙の話題さえ盛り上がらない。

産経新聞・社説
参院選と年金 魔法の杖など存在しない 未来担う世代へ目配り足りぬ

毎日新聞・社説
19年参院選 憲法の議論 対決あおる手法なじまぬ

読売新聞・社説
年金制度 老後の生活に不安残さぬには

朝日以外は選挙で話題を揃えた。産経と読売は年金。与党自民党に賛同する立場だけに、老人に我慢を強いるような論調だが、実際の困窮レベルや負担増のシミュレーションは、もちろんしない。すれば苦しさが現実的になり、与党への不満が増すからだろう。若い世代に配慮したようなポーズを取りながら、高齢者に本当の痛みを説得はできない。自民党がやって来たとおりのやり方を新聞が繰り返しているに過ぎない。それでも、議論から逃げたり批判するだけよりはいい。甘いだけの野党の案を信じる人たちもいないだろう。毎日もそれを言いたいのかもしれないが、安倍氏のやり方への苦言にしか聞こえない。苦言を選挙で言って何が変わるのか?私には理解できない。
何が信じられるのかという非生産的な疑念から前に進まない日本の政治と選挙。今回もまた、生産的な論戦にはなりそうもない。

読売新聞・社説
改正動物愛護法 かけがえのない命を大切に

突如、不思議な話題が。読売はなぜ選挙と同時にこんな話をしはじめたのだろうか?

朝日新聞・社説
豪雨と避難 課題を次に生かすには

日本全体が幼稚化していないか?避難しようとして渋滞ができたとか、避難の定義を今さらしていると聞くと、行政の徒労感が不憫に思える。まともに市民を批判できない朝日の弱腰の理由は何なのだろう?災害だから避難者を否定できないと言うなら間違っている。災害に関する新聞の社説のレベルは低過ぎる。これなら触れないでほしい。

Wall Street Journal
事故時に安全なのは後部座席? もはや過去の話 (2016.7.5)

ドライブシーズンを前に、アメリカ社会への情報だろうが、日本にも役立つ話題。クルマの安全性への努力は終わることがない。安全とされていた後部座席の方がリスクが高い可能性を示唆したのは興味深い。自動車会社と社会の反応が気になる。

Comments are closed.