ORIZUME - オリズメ

3763.報道比較2019.6.6

3763.報道比較2019.6.6 はコメントを受け付けていません。

凪いでいる。話題がない?掘り下げるにはいい機会だ。

Wall Street Journal
ハイテク大手規制、各国当局者の悩みどころ (2019.6.4)

日本政府もテック大手に規制をかけるらしい。稼ぎ過ぎること、独占することへの教訓を、企業は学んだ。大きくなったことへの対処なら、経営者はまた学ぶ。細分化しながらも、結束できる組織。興味深い。
Wall Street Journal が指摘する情報の価値を、私は個々人が最大化することはできないと思う。時間や知性さえ、人は未だ価値の最大化に苦労している。会社のような組織の価値は集約できるパワーであり、集約とは規模に比例する。たしかに競争は必要だ。選択権は利用者にあるのも自明だ。だが、利用者に価値最大化の行動を促しても、今と同じ結果になる可能性が高い。少なくとも国家より有機的で効率的な企業群が、国の課税のための規制に服従するとは思えない。

朝日新聞・社説
日韓の摩擦 首脳間で打開の糸口を

無理に逢う必要性は感じない。摩擦の解消に必要なのは危機だ。両者が共有する課題がないなら、顔を合わせるだけの時間は無駄だ。

産経新聞・社説
高齢者の暴走事故 社会守る抜本対策を急げ

高齢者に運転させない時代にした方がいい。対案は磁土運転の実現を推進で十分だ。これ以上の被害者を出さない方がいいという産経に賛成する。

毎日新聞・社説
プラ製レジ袋の有料化 「全廃」を見据えた議論に

象徴としてレジ袋はいいと思うが、レジ袋だけで問題解決しないことを最初に知らしめるべきだ。

産経新聞・社説
羽生九段が最多勝 「前に進む力」見習いたい

毎日新聞・社説
羽生九段が歴代最多勝利 探求心で成し遂げた偉業

軽薄な内容。毎日は将棋の記事を良く書いているのだから、担当者に書かせた方が品質の高い内容になっただろう。表層だけの称賛は何も響かない。

読売新聞・社説
暗号資産 もはや「通貨」とは呼べない

日本で仮想通貨を担いだのが行政だということを読売は語るべきだ。政府迎合の読売は情報を操作し過ぎる。

読売新聞・社説
災害警戒レベル 適切な情報伝達で命守りたい

昨日の朝日と同じ文脈。行政の広報か?

朝日新聞・社説
超高額新薬 皆保険を守る備えも

他紙が1週間以上前に述べたのと同じ主張。無価値。

Comments are closed.