ORIZUME - オリズメ

3753.報道比較2019.5.29

3753.報道比較2019.5.29 はコメントを受け付けていません。

安全保障と経済をないまぜにするなという議論はおかしい。アメリカは明らかにサービスとして安全保障を日本に売り込んでいる。

Wall Street Journal
安倍対トランプ、真夏の対決に備えよ (2019.5.29)

朝日新聞・社説
日米の「絆」 兵器が取り持つ関係か

産経新聞・社説
首相のイラン訪問 緊張緩和し存在感を示せ

読売新聞・社説
日米同盟 効率的な防衛力整備が必要だ

アメリカの興味は貿易を中心とした経済。日本は安全保障?アメリカにとって安全保障も経済活動のひとつなのだから、経済面を中心とした交渉にすればいいと思う。コストの話が沖縄、ミサイル防衛に絡んで解決できるなら、合理的だ。安全保障と経済をないまぜにするなという議論はおかしい。アメリカは明らかにサービスとして安全保障を日本に売り込んでいる。Value for Moneyの発想で考えてほしい。

朝日新聞・社説
強制不妊手術 違憲判決を受け止めよ

毎日新聞・社説
強制不妊で初の判決 「違憲」認定の意味は重い

読売新聞・社説
強制不妊判決 違憲判断を重く受け止めたい

違憲の重さ以外に新聞が注目する点は少ない。これまでの長い歴史で無視してきたのは政治と司法だけではない。メディアも、社会も、無関心でいたのだ。その反省を促す思いは、社説には一切ない。無責任だ。

産経新聞・社説
川崎の児童殺傷 被疑者死亡で終わらすな

毎日新聞・社説
登校の小学生ら殺傷 極度の痛ましさに震える

事件性の話題に傾きやすい産経と毎日が昨日の事件を社説で取り上げた。再発防止?簡単に語っていい言葉ではない。こうして社説が事件を取り上げることが、新たな次の犯罪の火種を蒔いている認識を持ってほしい。

Comments are closed.