ORIZUME - オリズメ

3717.報道比較2019.4.24

3717.報道比較2019.4.24 はコメントを受け付けていません。

優秀なリーダーは批判を受け入れる。批判を自身のすぐ傍に置く。

Wall Street Journal
側近に救われたトランプ氏、歴史の教訓浮き彫り (2019.4.23)

社説でないのが惜しいほど、上質な内容。このアドバイスを日本政府にも認識して欲しい。優秀なリーダーは批判を受け入れる。批判を自身のすぐ傍に置く。この重要性を理解している人物を、最近、私は日本で見たことがない。

産経新聞・社説
通年採用を拡大へ 学生の資質向上に繋げよ

読売新聞・社説
通年採用の拡大 日本ならではの手法探ろう

就職をなぜ経済団体と大学が協議して、日本政府にお伺いを立てるのか?その基本的な感覚が間違っていると、なぜ新聞は言わないのか?民業の採用に日本政府が関わるという現実の異常さに気づいた方がいい。

毎日新聞・社説
廃炉作業に外国人 適切な環境整備が先決だ

見過ごせない話題。まさか東電のために移民政策と私が呼ぶ外国人労働者受け入れを進めたとは思えないが、人材不足で被爆の危険があるような仕事の受け皿を平然と外国人に求める東電の感覚、それを許しはじめた政府や日本社会の感覚には、無神経さを感じる。介護の領域でさえ、コミュニケーションに不安を感じるというのに、除染で?かなりの違和感だ。

朝日新聞・社説
スリランカ テロに抗し国民融和を

液晶産業政策 反省すべき「官の介入」

産経新聞・社説
ウクライナ新政権 露につけいる隙与えるな

毎日新聞・社説
政治資金で堺市長辞職 入りも出も不透明すぎる

読売新聞・社説
東京五輪日程 周到な準備で本番を迎えたい

昨日までに他紙が掲載した話題の使い回し。意図的ではないのだろうが、内容が大差ないまま社説として載せているのだから、他紙をチェックせずに運営している体質を、どこも問題意識も持たず、改善する気さえないのだろう。読売は政府の広報紙を演じつづけるようだ。その間、私は読売の話は半分以下の信頼度で読むことにしたい。

Comments are closed.