ORIZUME - オリズメ

3714.報道比較2019.4.21

3714.報道比較2019.4.21 はコメントを受け付けていません。

小学校の教育が変わる?前向きに良い議論を進めて欲しい。いまの社会は柔軟に受け止められるだろう。議論せずに現状維持する方が問題だ。

朝日新聞・社説
教科担任制 大変革への予感と懸念

産経新聞・社説
小学校の教科担任 連携し教える力の再興を

毎日新聞・社説
文科省の「教科担任」構想 小学校にも変化の大波が

良い議論だと思う。時代に合わせて調整していくべきで、前向きに検討したらいいのでは?こどもたちにとってもそれがしあわせだと思う。小学校が4年で終わっても、9年になっても、いまの社会は柔軟に受け止められるだろう。議論せずに現状維持する方が問題だ。

産経新聞・社説
日米2プラス2 サイバー防衛の充実急げ

読売新聞・社説
日米2プラス2 秩序維持へ同盟の結束示せ

産経と読売が率先して取り上げる政府の話題。アメリカからはまるで反応がない話題。この現実が、話題の価値を示している。

Wall Street Journal
フランス企業統治の曖昧さ ノートルダムの寄付で表面化

ノートルダムへの愛と金持ちへの憎悪

フランスの曲がった感覚はアメリカ人にとって不愉快なようだ。社会主義が浸透している国らしい、富裕層を疎む感覚。日本にも似た感覚は確かに存在する。資本主義を是認してカネの力を許容するアメリカも極端だと思うが、災害などを乗り越える時、富裕層がどう振る舞うかがもっともシンプルで効果的に機能しているのはアメリカだ。嫉妬はいつでも事態を悪化させる。

Comments are closed.