ORIZUME - オリズメ

3701.報道比較2019.4.8

3701.報道比較2019.4.8 はコメントを受け付けていません。

トランプ氏が選ばれた時のような雰囲気の大阪の選挙結果。アメリカがどれだけトランプ氏を選んで後悔したか。傍観者にはそう写る。ただ、メディアは市民の選択を固定観念で批判し過ぎだ。

朝日新聞・社説
大阪4重選挙 都構想巡る議論深めよ

産経新聞・社説
大阪都構想 府市の健全運営に重心を

毎日新聞・社説
維新が大阪ダブル選勝利 議会同意得るまで丁寧に

読売新聞・社説
統一選前半戦 地方の危機克服へ対処を急げ

トランプ氏が選ばれた時のような雰囲気の大阪の選挙結果。アメリカがどれだけトランプ氏を選んで後悔したか、大阪は見ていないのだろうか。過去の著名人を選んだ時のような空気で人を選んでいないか。傍観者にはそう写る。ただ、メディアは市民の選択を固定観念で批判し過ぎだ。支持を得た事実を建設的に見つめなければ、メディアがFake newsとの負い目を受けることになる。
大阪だけの話なので興味は薄いが、都構想の本質的な政策論争は行われたのだろうか?政略、政争ばかりが話題で否決されたはずの政策の中身が変わったのか、どんなメリットとリスクがあるのか、私にはわからない。
読売は自民党が負けた事実を薄めたいのか、大阪を大勢の中に埋め込んだ。参議院選に立て直すチャンスを与えてしまったようで、むしろ不愉快だ。

朝日新聞・社説
いじめ防止法 子の訴えが届く改正を

中央省庁のレベルでも平然と忖度という言葉を使う時代に、教育委員会という教員から選出された人たちが平均的にどんな振る舞いをするかは容易に想像できる。なぜ安倍政権がこれだけ公務員を意のままに操れるのかを学ぶべきだ。人事権を誰が持つかに尽きる。いじめを根絶させる議論とは別の場所にある大人の社会の不毛な保身の弊害を根絶すべきだ。

産経新聞・社説
中高年ひきこもり 全世代視野の施策必要だ

全世代でも構わないが、国家主義は御免だ。

毎日新聞・社説
AMラジオの扱い 情報弱者を生まないよう

どれだけの局があるのか?すべてを存続させるつもりになるから経営が回らないのでは?利権で経済の合理性が働いていないだけではないか?

読売新聞・社説
ゲノム編集食品 普及には消費者の理解が要る

私は今の日本がこのレベルのリスクを管理できるとは思えない。原発でどれだけの負債が生まれたのかを忘れている。厚労省がそんなリスクを負えるとも思えない。情報公開を新聞は追ってほしい。どうせ隠蔽が生じるのだから。

Wall Street Journal
北朝鮮が旧友ロシアに急接近、正恩氏の狙いは (2019.4.8)

正恩氏には過去の北朝鮮のしたたかさ、不透明さはない。すべてが読みどおり、単純でセオリーどおりだ。これなら世界は北朝鮮を制御可能だと思う。誰がそれをやるだろう?プーチン氏に任せない方がいいのは確実だ。

Comments are closed.