ORIZUME - オリズメ

3691.報道比較2019.3.29

3691.報道比較2019.3.29 はコメントを受け付けていません。

テクノロジーは決断を促すだけだ。人間がボトルネックになっている。

Wall Street Journal
フェイスブック、米住宅当局が提訴へ「住宅広告で差別」 (2019.3.29)

昨日にひきつづきWall Street Journalがアルゴリズムによる差別を具体例として取り上げた。Facebookはまた矢面に立たされる。目立つ存在、信頼を失った宿命か。アルゴリズムが訴訟にまで問題を発展させ始めた。日本に似た事例が起きるのは数年後だろうが、移民でさえ議論できない国民性を思えば、施政者も社会も日本は意思決定できないだろう。倫理と決断がボトルネックになる時代、コミュニケーションもディスカッションもできずに密室で意思決定する日本の体質は、今後に圧倒的に不利だ。今から問題解決をロジカルに行う訓練をしておいた方がいいのは確実だ。

Wall Street Journal
ボーイング737MAX、見えてきた過ちの構図 (2019.3.28)

問題は、いつも人間の決断に依存する。ボーイングの判断は安全性より効率を優先できるという意思決定に誤りがあったことを示唆している。が、アレルギーのように安全偏重すれば別の問題が生じるだろう。こういう課題を感情的に語って済ませようとする日本的アプローチは損失を増大させ、問題解決を遅めることにしかならない。私たちにはロジカルな思考が低下している。

毎日新聞・社説
ふるさと納税の弊害 小手先の対応では済まぬ

良い指摘。はじまりは良かったと評価するなら、図に乗って問題になるまで止まらない日本のシステムが間違っている。しかも間違いは自治体や議会で起きていて、税に絡むというひどい構図。選挙の投票率を上げるために景品を配るような惨状を見ても、日本社会の無責任さ、異常は末期的と言えるほど壊れている。

毎日新聞・社説
働かせ過ぎの勤務医 開業医との格差をただせ

正せと単純に言って直る話?毎日の主張は無責任だ。問題の詳細を知らないなら語るべきではない。

朝日新聞・社説
日産企業統治 組織を整えるだけでは

読売新聞・社説
日産の企業統治 組織改革だけでは不十分だ

2紙とも同意見。誰が見ても良くなるとは思えない提言と、問題の本質を捉えていない日産。少なくともゴーン氏時代よりは悪くなるのは確実だろう。

朝日新聞・社説
殺人ロボット 拘束力ある規制めざせ

一昨日、毎日が取り上げたトピック。国際会議が開かれているから取り上げたのだろうが、恐怖心を煽るだけの内容。これよりは昨日Wall Street Journalが取り上げたような、実生活に組み込まれはじめる差別的なアルゴリズムの方がずっと現実的で問題が大きい。朝日は鈍感だ。

Comments are closed.