ORIZUME - オリズメ

3676.報道比較2019.3.14

3676.報道比較2019.3.14 はコメントを受け付けていません。

高揚感のないまま上がる株価にWall Street Journalが警告。日本の新聞はこの恐怖に無関心だ。

Wall Street Journal
株式市場が急回復した理由と今後のシナリオ (2019.3.13)

たしかに、高揚感もないのに、持っている人には心地いいほど株価が上がっている。Wall Street Journalの見立てでは慎重さを持った健全な上昇、ただし前途に楽観できる経済状況はない。通常なら戻ったところは売り場になる。FRBが利上げを止めただけで、世界経済の展望に明るい兆しはない。テンポが遅く、センスも鈍い日本から見ていると気づかない揺れが感じられる。

朝日新聞・社説
ポイント還元 見切り発車するのか

法科大学院 改革後もなお残る課題

今日も批判の朝日。どこまでも手広く批判を広げている。今日の話題は昨日よりは興味が惹かれるが、その理由は将来の生活に直接影響を感じるからだろう。今日の路線なら読みたくなる。話題選定にセンスが欲しい。

産経新聞・社説
日産・ルノー 対等な関係で提携深めよ

毎日新聞・社説
ゴーン後の3社連合 小異より大局を見据えて

昨日の読売と同様の主張をする産経と毎日。国内紙の価値観は経営には似ているようだ。私には、3社の提携にどんなメリットがあるのか、見直す良い機会だと思っていたが。

毎日新聞・社説
「やさしい日本語」 外国人にも伝わる表現を

社説で言う話だろうか?考案と社会生活の中で意識すればいい程度の話に感じる。

読売新聞・社説
米予算教書 財政赤字の膨張に警戒怠るな

月面探査 トヨタ参画で官民連携強化を

大きな話。やはり読売には国家主義が臭う。近くにいる政府関係者に、アメリカの国家予算よりも日本国内の国家予算の心配をしてほしい。

Comments are closed.